のこぎり屋根(その3)

 2017-06-22
のこぎり屋根の内部は、このようになっています。
2014-03-11 007 (800x533)
トラス構造で細い部材でつくられています。松梨-4-4 - コピー (800x635)
内部の柱も少なくいい空間で、上部からの光で内部は隅々まで明るいです。。
2013-12-03 113 (2)
北欧旅行した際のA・アアルトのアトリエです。
サイドトップライトが室内を明るくしています。
2016-01-13 015 (800x533)
数年前に設計をした、今江町のしろやま会館です。
同様な考えです。
失われてゆくのこぎり屋根ですが、現代風に新しいかたちで設計をして行きたいです。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

カミキリムシ

 2017-06-18
これからの季節、アトリエでいろんな昆虫を見かけます。
-20170618_100418- (800x533)
カミキリムシです。
-20170618_100509- (800x534)
害虫ですが、触角が長く、まだら模様がきれいな昆虫で、思わずカメラに収めたくなる昆虫です。
カテゴリ :昆虫 トラックバック(-) コメント(0)

セキレイ

 2017-06-18
最近のアトリエに飛んでくる鳥は、スズメやハト、ムクドリくらいです。
-20170617_180351-.jpg
昨日、久々に野鳥が。
セキレイです。
アトリエの野鳥図鑑に1種類加わりました。
カテゴリ :野鳥 トラックバック(-) コメント(0)

スズメの朝食

 2017-05-29
餌付けを始めてからは、毎朝スズメが楽しみに待っています。
-20170529_070013-.jpg
お皿にご馳走を入れて置くと、あっという間に集まってきます。
-20170529_070419-.jpg
楽しそうです。
-20170529_071105-.jpg
身体の弱いスズメに口移しで。
ほほえましいです。
-20170529_070706-.jpg
ハトも私もと。
カテゴリ :野鳥 トラックバック(-) コメント(0)

「土地探しから家づくり」セミナー

 2017-05-25
今週末、前回の「二世帯住宅のコツ」に引き続き、セミナーが。
表紙
最近、土地探しからの施主が多くなっています。
実例
実例を交えながら土地探しのポイントを。
組み写真
思いがけない土地に出会うことも。
組み文字
気になる敷地があったら、さっとプラン図を描いてみる。
会員限定のセミナーです。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

近作住宅模型

 2017-05-24
6月のASJ建築家展のイベントに向けて近作住宅模型を。
-20170523_084955-.jpg
最近は、3Dパースによるプレゼンテーションが多く、模型製作が少なくなってきました。
-20170523_085138-.jpg
私の流儀はできるだけ仕上げ感が分かるようにと着色模型で、樹木や車の添景をつけます。
-20170523_085917-.jpg
車はトミカの1/60スケールを揃え、模型はそれに合わせて1/60。
やはり模型があると建物の説明がしやすくなります。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

麦秋

 2017-05-23
アトリエの前の麦畑も良い具合に。
-20170522_180713-_01.jpg
グラスファイバーの穂が色ついてきました。
-20170523_054915-.jpg
アトリエに30年以上住んでいますが、初めての麦畑。
-20170523_055303-.jpg
こんなにもきれいな景色なら毎年耕作してほしいものです。
-20170523_055235-.jpg
もうそろそろ刈り取りかな。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

ジャコウアゲハ

 2017-05-21
アトリエに見慣れぬチョウが。
-20170521_115125-.jpg
調べるとジャコウアゲハです。
-20170521_115222-.jpg
あたしい種類のチョウを見ると嬉しいものです。
-20170521_115838-.jpg
これからは、昆虫の季節です。
カテゴリ :昆虫 トラックバック(-) コメント(0)

第3回熟年塾

 2017-05-21
高校の同級生同士で講師・聴講生となって講座を開く第3回熟年塾が開かれました。
DSC_1113.jpg
今回の講師は、筒井弘之君。
タイトルは「粘土は沈む、トンネルを掘る」
DSC_1119 (1280x719)
長年土木に携わり、同級生に土木の知識と面白さをと。
DSC_1123 (1280x719)
普段地面の下のことに興味のなかったことを、分かりやすい解説で。
DSC_1130.jpg
20名の参加者で、同窓会と勉強会が同時にでき、よい時間を過ごすことが出来ました。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

木場潟湖畔の五月の一日。

 2017-05-19
今日は終日快晴。
木場潟からの白山は絶景。
DSC_1066.jpg
朝7時。
無風状態になり、湖面に逆さ白山。
DSC_1078 (1280x706)
正午。
残雪の白山がくっきりと。
DSC_1081.jpg
午後6時。
またも、無風状態に。
DSC_1091.jpg
午後7時前。
日没で赤く染まる白山。
いい一日でした。
2014-05-18 047 (1280x853)
ちなみに3年前の5月18日。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

熟年塾

 2017-05-15
60歳を過ぎて、高校の同級生と会話をしていると、それぞれがいろんな道のりを歩いてきて面白い話を聞きます。
仕事のこと、ボランティアのこと、趣味のこと。
ならば、まとまった話を聞こうと昨年から始まった熟年塾。
講師・聴講生は同級生同士。
109茶会1
第1回の熟年塾は茶会。
小松高校前の芦城公園内の仙叟屋敷での茶会。
茶に親しんでいる女子を中心とした同級生と、茶会には足を運んだことがない男子を中心とした同級生。
2016-10-15 135 (640x480)
緊張感がありながらも笑いありの茶会。
互いに良い経験が出来ました。
l_dbad22e3328f4032a51947d2adb1ec555fd4891e[1]
第2回は「金と銀」や「宮沢賢治と鉱物」でいろんなところで講師をしている四ヶ浦弘君。
l_fe0849c4210f9afb123b5c548e475e07948e8092[1]
彼のユーモア交える講義で、みんなガッパに。
(ガッパとは方言で憑りつかれた様に一生懸命になる)
元素記号の話で高校時代の記憶を浮かべながらの愉しい講義。
勉強になりました。
IMG_20170507_060421[1]
第3回目は、筒井弘之君の「粘土は沈む、トンネルを掘る」。
長年、土木技術に関わってきた専門的な話。
目からウロコの話を聴くことが出来そうです。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

2眼レフカメラで撮影。

 2017-05-12
映画「光」が封切られますが、その中で2眼レフカメラが出てきます。
DSC_0968 (1024x1024)
父に譲ってもらった2眼レフカメラで試し撮り。
DSC_0970.jpg
当然のピントも絞りも露出も全て手動。
20170512170232_000012 - コピー (3)
かつて、フィルムで撮っていた操作を思い起こしながら。
20170512170232_000012 - コピー (2)
白黒フィルムで撮ったら味わいのある写真に。
ハマりそうです。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント