木場潟湖畔の五月の一日。

 2017-05-19
今日は終日快晴。
木場潟からの白山は絶景。
DSC_1066.jpg
朝7時。
無風状態になり、湖面に逆さ白山。
DSC_1078 (1280x706)
正午。
残雪の白山がくっきりと。
DSC_1081.jpg
午後6時。
またも、無風状態に。
DSC_1091.jpg
午後7時前。
日没で赤く染まる白山。
いい一日でした。
2014-05-18 047 (1280x853)
ちなみに3年前の5月18日。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

熟年塾

 2017-05-15
60歳を過ぎて、高校の同級生と会話をしていると、それぞれがいろんな道のりを歩いてきて面白い話を聞きます。
仕事のこと、ボランティアのこと、趣味のこと。
ならば、まとまった話を聞こうと昨年から始まった熟年塾。
講師・聴講生は同級生同士。
109茶会1
第1回の熟年塾は茶会。
小松高校前の芦城公園内の仙叟屋敷での茶会。
茶に親しんでいる女子を中心とした同級生と、茶会には足を運んだことがない男子を中心とした同級生。
2016-10-15 135 (640x480)
緊張感がありながらも笑いありの茶会。
互いに良い経験が出来ました。
l_dbad22e3328f4032a51947d2adb1ec555fd4891e[1]
第2回は「金と銀」や「宮沢賢治と鉱物」でいろんなところで講師をしている四ヶ浦弘君。
l_fe0849c4210f9afb123b5c548e475e07948e8092[1]
彼のユーモア交える講義で、みんなガッパに。
(ガッパとは方言で憑りつかれた様に一生懸命になる)
元素記号の話で高校時代の記憶を浮かべながらの愉しい講義。
勉強になりました。
IMG_20170507_060421[1]
第3回目は、筒井弘之君の「粘土は沈む、トンネルを掘る」。
長年、土木技術に関わってきた専門的な話。
目からウロコの話を聴くことが出来そうです。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

2眼レフカメラで撮影。

 2017-05-12
映画「光」が封切られますが、その中で2眼レフカメラが出てきます。
DSC_0968 (1024x1024)
父に譲ってもらった2眼レフカメラで試し撮り。
DSC_0970.jpg
当然のピントも絞りも露出も全て手動。
20170512170232_000012 - コピー (3)
かつて、フィルムで撮っていた操作を思い起こしながら。
20170512170232_000012 - コピー (2)
白黒フィルムで撮ったら味わいのある写真に。
ハマりそうです。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

ボビンレースの製作

 2017-05-08
Y婦が製作しているボビンレース。
-20170507_142838-.jpg
昨年からオリジナル図案の作成を何度も書き直し、2か月前から織の制作作業。
-20170507_142937-.jpg
ボビンレースはピンを打ち、ボビンを動かし編んでいくもの。
-20170507_142850-.jpg
気の遠くなるものです。
-20170507_143049-.jpg
5月末に開催される東京青山での作品展に向けて。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(1)

梯剛之さんのベートーヴェン

 2017-05-07
毎年GWにはラフォルジュルネ金沢があり足を運んでいました。
今年は名前を変えて「風と緑の楽都音楽祭」になり、タイトルは「ベートーヴェンが金沢にやってきた」に。
しかし予定がつかず、自宅で梯剛之さんのベートーヴェンざんまい。
20170507075717_00001 (1024x449)
毎年12月にこまつ芸術劇場うららにて「ヴォルフガング・ダヴィッド&梯剛之デュオリサイタル」で演奏されているお二人のCD。
20170507075717_00002 (1024x438)
ベートーヴェン、ピアノとヴァイオリンのためのソナタ3番、6番~9番のライブ録音CD。
20170507075717_00003 (1024x442)
今年発売予定の、昨年12月の小松公演の10番。(ライブ録音は別会場)
ちなみに今年11月の小松公演は2番の予定。
聞きごたえあります。
20170507075717_00004 (1024x446)
ソロ演奏は「熱情」。
20170507075717_00005 (1024x451)
「エロイカ」も。
20170507075717_00006 (1024x445)
昨年CD発売され、レーコード芸術2016年12月号準特選」のライブ録音CD。
「悲愴」も入っています。
梯剛之さんの澄んだ音色の演奏、いいです。
まとめて一気に聴きました。
カテゴリ :梯剛之 トラックバック(-) コメント(0)

押し花

 2017-05-06
最近ハマっているものの一つに押し花。
アクリル板でサンドイッチにして額飾り。
押し花桜
サクラ。
押し花山吹
ヤマブキ。
押し花ケシ
ケシ。(ケシと思っていましたが、ナガミヒナゲシ)
押し花みやこわすれ
みやこわすれ。
愉しいです。
次は、どんな花にしようかな?
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

ハナミズキ。

 2017-05-04
ハナミズキが見納めとなってきました。
-20170503_173357-.jpg
花と若葉の透かしがきれいです。
-20170503_073324-.jpg
花は、咲く前が神秘的です。
-20170503_073226-.jpg
また来年のお楽しみ。
カテゴリ :樹木 花 トラックバック(-) コメント(0)

NY邸のリノベーション

 2017-05-02
全国的に空き家が問題となっています。
建築設計の仕事は、新築が大半でありますが、空き家をリフォームして住まいを検討される方も時々います。
外観1 (2) (1024x576)
家族構成を考えると広い面積の住宅を希望されていて、新築での予算ではなく、空き家に目を付けて予算内にと。
外観2 (2) (1024x576)
いわゆる中古物件住宅ですが、中には事情があって手放された質のいい住宅にも出会うことがあります。
購入する前に、構造・設備・等を含めた建物チェックをして、快適に住まいが出来るリフォームの相談に乗っています。
このNY邸も、土地+新築にするか中古物件にするかの相談を受け、最終的に中古物件に手を入れて住まうことになりました。
土地購入も同じように、売買契約する前に、住まいのプランと予算を検討し進めて行く方法も、設計者を利用する一つです。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

N邸 キッチンリフォーム

 2017-05-01
GW明けから工事が始まるキッチンをメインにしたリフォームです。
能登邸3 (1024x576)
ご主人が料理好きで、週末は奥様とキッチンに立ち、腕がふるえるキッチンをと。
能登邸4 (1024x576)
背面の食器棚のカウンターはシンクを設け、サブキッチンにも。
能登邸2 (1024x576)
ダイニング、リビングとは一体になった空間です。
能登邸1 (1024x576)
和のテイストを持ったキッチンリフォームです。
最近は、リフォームの設計依頼も多くなってきています。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

E邸の計画。

 2017-04-30
ASJ富山西スタジオで「二世帯住宅セミナー」を開催させていただき、そのセミナーからつながった住宅の計画案。
檜木田邸外観1 (1024x576) (2)
二世帯住宅と言っても、一つの屋根の下で二世帯が住む住宅から、全く別々に住む住宅など、いろいろな二世帯住宅があります。
計画は、隣接する敷地に別棟を独立して建てることでのものです。
檜木田邸外観3 (1024x575)
30坪の平屋住宅で、リビングにつながるデッキテラスがポイントです。
リビングがデッキテラスとつながることで、30坪でも広々とした住宅にしています。
檜木田邸リビング1 (1024x576)
隣地に母屋の農作業建物があり日陰が生じるのではという懸念から日陰のシミュレーションを。
2日陰1
冬至と夏至のそれぞれ9時、12時、15時の太陽光の差し方を検討。
2日陰3
冬には日が差し、夏は日陰をつくる。風通しの良い住宅です。
住宅は、デザインだけでなく、機能性、居心地、コスト、法律などいろんな要素を持ってのものです。
それらを整理してまとめあげることが、設計の楽しみです。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

K邸の工事進捗

 2017-04-29
車がガレージをドライブスルー出来る、K邸の外壁が張られ始めました。
-20170427_070811-_2017042709192795f.jpg
外壁はガルバニウム鋼板シルバーです。
片桐邸鳥瞰合成1
Googleマップ3Dで周辺とパースを合成してみました。
片桐邸鳥瞰合成2 (1024x576)
いい感じになります。
片桐邸外観1 (1024x576)
イメージ通りになっています。
片桐邸外観2 (1024x576)
2階テラスから見渡す風景もいいです。
片桐邸内観2 (1024x576)
杉板フローリングも決まり、内装の下地も順調に進んでいってます。
片桐邸内観1 (1024x576)
完成が楽しみです。
手書き配置図
ちなみプランはこんな感じです。
後の道路から入って、車庫はドライブスルーです。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

O邸の上棟

 2017-04-28

O邸の上棟が昨日ありました。
DSC_0971 (1024x575)
外観2 (1024x576)
平屋です。
外観3 (1024x576)
ガラス屋根付きのデッキテラスを設けたゆったりとした住宅です。
2リビング1 (1024x576)
リビングは勾配天井でデッキテラスにつながり、面積の割には広々と感じます。
2リビング2 (1024x576)
と言うより、デッキテラスが一部屋あるように設計をしています。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント