スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大人の修学旅行2012~高山2~

 2012-06-06
高山へ旅行した目的は、フィン・ユール邸の見学。
DSC_01392012-06-04_14-57-182012-06-04_14-57-16.jpg
フィン・ユールは家具で有名ですが、デンマークに建っている自邸がこのほど高山に再築。
DSC_00822012-06-04_14-28-442012-06-04_14-28-44.jpg
置かれている家具はもちろんフィン・ユールのデザインのもの。
美しいです。
DSC_01272012-06-04_14-53-282012-06-04_14-53-27.jpg
微妙な色使いや、アクセントの色使い。
何より光の移ろう室内空間。
DSC_01322012-06-04_14-54-362012-06-04_14-54-35.jpg
建築と家具がマリアージュし、生活シーンがきちんとつくられている、いい建築です。
参考になりました。

高山フィン・ユール邸
関連記事
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(4)
コメント
ボストン夫人様。
ご無沙汰しています。
御主人の彫刻「手工神」、正面入り口に堂々と置かれ、拝見しています。
30年位ぶりに、作品を拝見しましたが、今なお力強い作品と感銘しました。
今夏の同窓会にお会いできれば、その話をお伝えしようと思っていました。
何故か、銀座大通りに響き渡った「フニクリ・フニクラ」の替え歌「鬼のパンツ」が今でも思い出されます。
【2012/06/14 05:53】 | アンクルトム #OczajNqA | [edit]
何故か我が家はフィン・ユール邸の出資者扱いになっております。以前「キタニ」にて夫の個展を開いていただきました。その時のちいさな作品と北欧チェア一脚をバーターしていただき、狭い我が家のリビングに鎮座いたしています。「キタニ」正面には大きな作品が占拠しています。
【2012/06/13 17:28】 | ボストン夫人 #- | [edit]
Kennさん、いつも有り難うございます。
これまで写真でしか見られなかったのですが、実際に建物に入って見ると空気が違いました。
刺激になりましたね。
【2012/06/07 06:32】 | アンクルトム #OczajNqA | [edit]
アンクルトムさん、
行かれたんですね。 さすが、写真が抜群にきれいですね。
私は、5/25に、行って来ました。 すばらしくて感動しました。
北欧家具さんたちも、貸切状態で 見せていただきました。

<トヨタ白川郷自然学校>を、見て帰りました。

すてきな、フィン・ユール邸見せて頂き有難うございました。
【2012/06/06 15:17】 | Kenn #M4tCp.cg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。