スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

合歓の木

 2007-07-02
7月に入り、木場潟湖畔で目立つ木は、合歓の木です。
花の形は、われわれが普段思っている花の形とは違い、フワッとした花を咲かせています。
帽子や胸に付ける飾り物のように見えるし、女優グレタガルボのまつ毛のようだという人もいる。
0707合歓の木05

0707合歓の木01

0707合歓の木02
よく見ると、一つの花は、十数個のツボミから何本もの花が伸びて、一つの花を作っています。
0707合歓の木03
花の根元は白く、先に行くにつれ濃いピンクになっているので、フワッとしたように見えるのでしょう。
0707合歓の木04

0707合歓の木07
木場潟湖畔の合歓の木の下で、湖畔に向かって本を読んでいる女性がいました。
静かな時間を過ごさせてくれる、合歓の木です。



先日、日曜美術館で「ねむの木学園の子供たちの絵」の放映を見ました。
絵の具の色の中に世界を想像する子供たちに、涙しました。
梯剛之さんもそうですが、何かが不自由ならば、別の何かで表現するという、人の個性の素晴らしさを感じます。
それと、新しくできた、「ねむの木こども美術館-どんぐり」(藤森照信設計)へは是非、足を運んでみたいと思います。
もう一つの美術館は、坂茂設計で、これも良い!)

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/88-80699a6d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。