FC2ブログ

建築家の嬉しい時

 2010-07-20
先日、とある方から、写真を撮ったり、ブログを書いたり、パーティーやコンサートばかり出ていて仕事をしているのかと尋ねられました。
もちろん、仕事最優先で、写真等は合間を見て愉しんでやっているものです。
アプローチ1012010-07-19_19-46-322010-07-19_19-46-26
昨日、ある雑誌掲載のため、昨年完成した住宅の再撮影を行いました。
アプローチ外1012010-07-19_19-37-362010-07-19_19-37-30
建物が完成して一年が過ぎようとしていますが、施主の方がきれいに使っていただいているのを見るととても嬉しいものです。
ダイニングリビング1012010-07-19_19-22-322010-07-19_19-22-31
そして施主の方から、本当に住みよい建物と喜んでいただいていることが何よりも嬉しいことです。
リビング縦1012010-07-19_19-07-442010-07-19_19-07-43
私の尊敬する建築家、吉村順三が次のような言葉を残されています。
まさに、このようなことのように思えます。

建築家として最も嬉しい時は、建築が出来、そこへ人が入り、いい生活が行われているのを見ることである。
日暮れどき、家の中に明るい灯がつき一家の楽しそうな生活が感ぜられるとしたら、建築家にとって、最も嬉しい時ではあるまいか。
(吉村順三のことば‐彰国社)
関連記事
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/29 18:07】 | # | [edit]
笑顔ってとても素敵なものですね。
お互い、忘れないようにね。
【2010/07/22 07:57】 | アンクルトム #OczajNqA | [edit]
暑中お見舞い申し上げます。
すばらしいお仕事をされているのですね。
人が喜ぶ顔を見るのはうれしいものですね。
私は今夏、みんなの笑顔が見たくて、高校の同窓会を企画しました。
友とお盆のひとときを、笑顔で語り合いたいです。
猛暑が続きますが、どうかご自愛くださいね。
【2010/07/21 08:01】 | チャコ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/656-62de4df7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント