FC2ブログ

三味線の音色

 2007-06-03
4,5年ほど前から、早朝に三味線の音が木場潟湖畔に流れています。

弾いているのは、Hさんで、いつもマイペースで奏でています。
Hさんが、三味線を始められたきっかけは、
毎年夏に行われる、ジャパンテントの際に、ホストファミリーとして留学生に日本文化の一つを紹介したい、ということかららしいです。

07060305
澄んだ木場潟の早朝に、湖畔の東屋で、10月の発表会のために「稽古」するHさん。
流れるように弾いているわけではありませんが、あくまで、「稽古」。
隠れた努力が、大切です。

07052802
それにしても、いい環境で、早起きは「三文の得」。

07060303
練習用の、三味線らしいですが、思ったよりカチッとしていてかっこいい。

07060304
呼び方が分かりませんが、弦巻部分もしっかりしている。

思えば、世界中どこでも、かたちこそ違え「打つ、弾く、吹く」の基本からいろんな楽器が生まれました。三味線も、弾いてより大きな音が鳴るように造られています。

この、弾く日本の楽器を、留学生に紹介される、Hさん、今年もジャパンテントのホストファミリーをされるのかな。


関連記事
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/06/12 19:43】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/60-8b1c3259
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント