スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

地盤改良

 2007-06-02
ブログを初めてから、おかげさまで、ようやく2ヶ月がたちました。

これまでのブログの多くは、TOGOとの散歩がてらにパチパチ撮った湖畔風景や、
日常の食卓風景、アトリエの出来事の写真を紹介し、
アトリエの日常生活を、楽しんでブログしてきました。


でもよく考えたら、本業は、建築の設計や工事の監理をする、まじめな一級建築士です。
(だれが、まじめときめたんや。)(あつこ嬢にツッコまれる前に書トコ!)


日中はどちらかといえば、パソコンに向かってしかめっ面しながら、
CADで設計図面やパース(透視図)を描いたり、
工事現場では、埃っぽく、足場の悪いところで、職人さんとあれこれ打合せしながら、
日々ハードな仕事をしているのです。


そこで今月から、この前から新しく始まったY邸の工事を紹介しつつ、
まじめに仕事もしていることを紹介し、
建物が完成していくまでを分かりやすく、ブログして行こうと思います。

07060201
何事も基礎からが肝心といいますが、
建築の場合、基礎の下の地盤が肝心といいます。
最近の住宅建設においては、設計時には、必ず地盤の調査をします。

いくら頑丈な基礎を造っても、その下の地盤が悪ければ何にもなりません。

Y邸の場合、地盤調査の結果、地盤の強度が良くないことが分かり、柱状改良という地盤改良を行うことになりました。

柱状改良というのは、地盤を調査すると、やわらかい泥のような土質の部分もあれば、岩でできた固い土質もあり、
建物を建てるとき、当然硬い地盤に建てたほうが安定するので、固い地盤まで柱状の杭を何本もつくって、強固な地盤に改良することです。

07060202
でかいドリルのようなもので、グリグリと硬い地盤まで穴を開けていきます。

07060203
固い地盤にまで達したら、鉄管の中に固まっていないコンクリートを流し、
逆回転で引き抜きながら、穴にコンクリートをつめて行きます。


07060204
こんな作業を、建物の建つ位置の要の部分に、約60本ほど打設します。

このようにして、Y邸は、安定した地盤に改良され、長く安心して住むことができます。
関連記事
コメント
そうだった。
あのときのバールでの涙した歌声。

あつこさんのブログを拝見していると、どうも吉本のようで・・・。

また、記憶がよみがえるように、聞かせてください。
【2007/06/05 08:12】 | アンクルトム~あつこさんへ。 #OczajNqA | [edit]
よく考えたら、アタクシも、エレガントでインテリジェントなメゾソプラノでした。v-8
【2007/06/04 17:11】 | あつこ #i91Fr8G2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/59-9ad26b5f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。