FC2ブログ

染付の灯篭。

 2010-02-11
先日、奈良へ行ってきました。
目的は、ある会の事務局長のY氏が、「実家に陶器でできた灯篭があり、今は誰も住んでいなく、どなたか引き取ってくれる人がいないかなあ」と声をかけてくださったことから、結局私のアトリエに、嫁に来ることで・・・。
DSC_00062010-02-09_13-02-420001.jpg
最初は、陶器でできた灯篭・・・?それも有田焼の染付のもの・・・?とまったく想像ができませんでした。
DSC_00072010-02-09_13-02-540002.jpg
調べると、有田焼陶祖神・陶山神社にも同じような陶器の灯篭があるとか。
DSC_00082010-02-09_13-03-000003.jpg
お嫁に来た灯篭は、Y氏の先代が、有名焼き物店の看板に使われていたものを譲り受けたものらしく、由緒正しいものであるらしいとか。
DSC_00102010-02-09_13-03-120001.jpg
実際目にし、よく見るとほぼ完品で、とても存在感のあるものでした。
灯篭は、10個ばかりに分解することができ、車に乗せられ、お嫁入り。
春には、組み立て、アトリエの一角に立ち姿が現れるよう、夢を膨らませています。

珍しいこの灯篭大切にしたいものです。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/582-71095dca
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント