夏至の頃の夜明け前

 2009-06-26
先日、夏至が過ぎましたが、夏至は日の出の時間が最も早いのと、最も東寄りから日が昇る日です。
夏至の頃の日の出01
木場潟湖畔から望む日の出も、ずいぶん東寄りになり、私のカメラレンズでは白山と日の出が入りきらないほど離れてしまいました。
夏至の頃の日の出02
日の出時刻も、午前4時45分頃で、冬至のころに比べ、2時間30分ばかり早くなりました。
夏至の頃の日の出03
年間を通じ、朝の神秘的な風景はやはり、冬の夜明けが一番です。
初冬の夜明け前。
10月の夜明け前。
ちなみに、先日のFAVOの写真は冬至の頃の風景です。

でも今頃の晴れた日の早朝は空気が気持よく、早起きして得した気持になります。
一時日本でもサマータイムの実施を試みたことがありましたが、定着しなかったようです。
今日、エコが叫ばれていますが、早寝早起き、サマータイムがとても有効なものになるのでは・・・。
関連記事
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/23 11:39】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/533-58fabb67
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント