スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

内本浄遺作展

 2009-06-03
昨日から開催された「内本浄遺作展」へ行ってきました。
内本浄遺作展01
内本浄画伯は、私の住むアトリエのすぐ近くで育ち、父親も画家で、毎日見る白山をひたすら描き続けた画家でした。その数3000点といわれています。
内本浄遺作展02
展示されているものは、やはり白山の絵が多く、どれもが純粋な気持ちにさせてくれる素晴らしい絵ばかりです。
内本浄遺作展03
作品制作の年月を見ると、数年にわたる期間が記されています。
生前、内本画伯にそのことを尋ねたとき、描きかけの白山の絵は数多くあり、目の前の白山は季節、時間、天候によって風景がいつも変化し、それらを少しづつ手を加えているから、長い制作日数になっているのだと答えてくださいました。
内本浄遺作展04
絶筆となった、冬の白山も展示されています。
内本浄遺作展05
父親、寛一の絵も展示されていますが、浄は、寛一から「腕が立つ50歳になるまで絵を売るな」の言葉を守り、「売れる絵」にとらわれず、自分のペースで描き続けたと言われています。

いろんな表情を見せる白山に魅せられ、描き続けた内本浄の遺作展、とても感動しました。

「内本浄(キヨシ)遺作展」
石川県立美術館 広阪別館 金沢市出羽町1-1
2009年6月2日(火)~6月8日(月) AM9時~PM5時 入館無料
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/520-dfb63be7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。