FC2ブログ

村野藤吾の名建築。

 2009-05-17
梯剛之さんのピアノリサイタルは、宝塚市の清荒神のベガホールでありました。
清荒神といえば、建築家、村野藤吾先生の住まわれていた所。
宝塚市庁舎01
というわけで、村野藤吾先生ゆかりがあり、代表作品のひとつ「宝塚市庁舎」へ。
宝塚市庁舎02
私の中では、村野建築は3つに分かれていて、1つは連続するパターンの外壁。
1つは芸術的曲線の建築。
もうひとつは、数寄屋建築。
宝塚市庁舎04
この宝塚市庁舎は、連続するパターンの外壁建築の代表的なものの一つです。
一つの開口部やディテールを徹底的にスタデイし、全体の壁面をつくる手法です。
旧千代田生命ビル(現目黒市役所)もそうですが、見ていて心地良いリズムを感じます。
宝塚市庁舎06
平面はL型をしており、L字の交わる部分を市民ホールとして2層吹抜け空間を作り、うす暗い空間に開口部から差し込む光が、空間の質をよりよく高め、居心地いいホールになっています。
宝塚市庁舎05
もうひとつ、村野藤吾先生の特徴には、階段があり、この宝塚市庁舎も素晴らしいものでした。

この作品、村野藤吾89歳の時の作品。
力強さと、繊細さが伝わる名建築の一つです。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/516-4a6d4d40
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント