スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

トリゴラス

 2007-05-19
僕の、周りにはユニークな人間が多い。
その1人に、Tさんという銅版画家がいる。
Tさんは関西生まれで、作品は一見見ると子供の絵のようだが、
入り込んでみると、すごいセンスの作品をつくる、尊敬する版画家だ。

そのTさんと、先日飲む機会があり、絵本の話になった。
彼のお勧めの作家は、知り合いでもある「長谷川集平」であり代表作は「はせがわくんきらいや」ということでした。

絵本のことはあまり知識がないので、早速、昨年小松にできた「空とこども絵本館」で長谷川集平の絵本をシュフに探しに行ってもらった。
07051901


残念ながら、その本は見当たらなく、「トリゴラス」という絵本がありました。
07051902

「トリゴラス」の内容は、風の吹く夜に、少年が風の音で妄想する話で、
風の音が「トリゴラス」という鳥の怪獣に違いないと想像し、そして想像がどんどんふくらみ、、
トリゴラスが街をメチャクチャにしていくという、子供のメルヘンとはおよそほど遠い、すごい絵本でした。
それと、文章が関西弁であるので、なおさらすごさがありました。
でも、なんだかわからないけれど、これがまたいいのです。
07051903


さすがTさんおすすめの絵本。
妄想的?創造的?で、なんだかTさんに近いものを感じました。





関連記事
コメント
ティーさん。コメント有り難うございます。
さすが、ティーさん。深い読みをされて、改めて長谷川集平さんの作品を読んでみたくなりました。
誰だって、「みんな自分は弱い人間だ。いろんなハンディを背負って生きているのだ。」と思って生きていると思います。

それでも社会に出るときは、明るく、元気な顔を見せています。

そうか、それが「トリゴラガス」だったのかな?

イイ感想有り難うございました。
また、飲みましょう!
【2007/05/29 08:11】 | アンクルトム~ティーさんへ。 #OczajNqA | [edit]
長谷川集平の絵本の底辺に感じるのは「弱さ」です。社会的弱者やいじめられっ子が主人公の場合が多くて、「長谷川君きらいや」のあとがきで「むかし僕は今よりもっとよわみそやった・・・」に出会ったのはもう、30年近くですが、今でもおぼえています。弱き者はトリゴラガスを発射して必死で生きようとしています。カッコイイ者がモテる現在においても是非読んで(見て)欲しい作家ですね。
【2007/05/28 21:45】 | ティー #- | [edit]
ボクのブログを読んでくださる方に、「はせがわくんきらいや」のファンがいらっしゃることに、嬉しく思いました。v-290
早速、銅版画家Tさんにお伝えしておきます。v-214
また、素敵な写真など、沢山ほめていただき有り難うございました。
励みになります。
これからも、よろしくお願いします。
【2007/05/21 08:04】 | アンクルトム~プチプリさんへ #OczajNqA | [edit]
福井っ子ですが木場潟が好きで、いつもこちらを幸せ気分で拝見させて頂いておりました。
今回、何を血迷ったのか初めてカキコさせていただきます。

「はせがせくんきらいだ」はとても有名で、素敵な絵本ですよね。
この絵本、私大好きです。

そして、
素敵な写真、素敵なお友達、素敵な食事、素敵なバブ!?、
のこちらのblogも大好き!!
これからも木場潟の日々の移ろい便りを楽しみにしています。

【2007/05/20 00:31】 | ぷちぷり #- | [edit]
妄想も創造も、ものづくりにはなくてはならないもの。建築もそうなんでしょうね。妄想もいいかも。創造ばかりでは、モノを生み出すセンスが追いつかなくなってしまいそうだから。バランスが大切よね、なにごともv-428
【2007/05/19 23:27】 | sakura #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/46-094e0e09
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。