秋の夜長を楽しむ。

 2008-10-05
秋の夜長、アトリエに飾ってあるものの、鑑賞でも。
0810秋の夜長01
玄関には、いろんな壷や鉢が並んでいます。
右から、たこ壷、漆桶、すりこぎ鉢、籐篭と、器であれども全部違う呼び名の器が飾られています。
0810秋の夜長03
先月、大聖寺のタユタフさんで買ったスプーン。使い込んだ感じがとてもよいスプーン。
タユタフさんには、本当にいいものがおかれています。
下の御膳は、10年ほど前に京都「うるわし屋」さんで揃えたもの。
0810秋の夜長04
これも、10年ほど前に前橋のアンティークギャラリーで手に入れた、ヨーロッパのアンティークコルク栓抜き。
0810秋の夜長05
アトリエにあるものでは一番の年代物で、18世紀のオランダデルフトの染付タイル。
Y婦が、嫁入り道具のひとつとして、持ってきたもの。
0810秋の夜長02
タユタフさんで買ったブリキの水差しに、秋草を投げいれ、秋の夜長を楽しむのもいいものです。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/402-61ab76d9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント