スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

柿渋塗。

 2008-08-02
先日、「鎮守の森の木の家」を紹介しましたが、今日はその続編。
0808柿渋塗01
吹抜に架けられる古材の梁に、昨日、施主と柿渋塗をしました。
0808柿渋塗02
手際よく、薄くサッサと塗らなければなりません。
0808柿渋塗03
今回使用した柿渋は、染料用のもので、無臭で、伸びもよくとても塗りやすいのもです。
0808柿渋塗04
まだ塗ったばかりで、色はあまり出ていませんが、建物が組みあがるときには、いい色になってくると思います。

ちなみに、これらの梁材は、手前からケヤキ、クリ、マツの種類で、古材使用ならではの組み合わせです。
それぞれに、柿渋の染み込み方も違い、仕上り色も違う、それはそれなりの面白いものになるでしょう。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/366-6849c1d9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。