FC2ブログ

簾戸2008。

 2008-06-29
毎年のことながら、和室の障子戸を簾戸に換えました。
0806
昨年のブログにも書いたとおり、アトリエで使っている簾戸は、私の実家にあったものを持ってきて、使用しています。
0806
日本建築の素晴らしさの一つに、寸法の取り決めがあって、建具などは、別の建物にもきちんと納まり、とてもうまく出来ています。
0806
写真では、簾戸のほうが明るく見えますが、
実際は、簾戸のほうが暗く、障子戸の方は光が拡散し、部屋全体が明るくなります。
0806
季節の変わり目に、建物の設え(しつらえ)を変える生活は、歳時記をより感じさせてくれるものです。

ああ、いよいよ夏だな。
関連記事
コメント
二泊でなく、サンi-184泊がいいかも。
【2008/07/02 07:54】 | アンクルトム〜ALOHA~♪さんへ。 #OczajNqA | [edit]
えっと、二泊で。。。。。。
【2008/07/01 09:48】 | ALOHA〜♪ #BWgGc7Fk | [edit]
ペンションを調べました。
とてもいい建物ですね。
ぜひ一度、行ってみたいものです。

白滝山荘(旧ファーナム邸)http://www.jttk.zaq.ne.jp/green_house/vories-sirataki.html
【2008/06/30 07:00】 | アンクルトム~Repuさんへ。 #N49xjK/k | [edit]
アンクルトムさんの美意識って、子どもの頃の環境によって育まれたのではないでしょうか。
畳に写る千鳥の影、なんて素敵なんでしょ。

ヴォーリースのペンションは因島です。周りの蜜柑の木にたわわに実がついている季節で、「どうぞお好きなだけとって食べてね」と。いいでしょう~
尾道から四国まで自転車で渡った途中に泊まりました。
【2008/06/29 20:03】 | Repu #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/341-166e61a7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント