FC2ブログ

ショールーム巡り。

 2007-05-02
今日は、少し真面目に建築のことについて書いてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

建築の設計をしていると、いつも勉強をしなければなりません。(あ~大変!!!)


ひとつは、今問題の建築耐震構造や、建築防災、快適な環境空間を守るシックハウス対策など、とてもややこしい建築基準法を理解していなければならないことです。(頭が痛くなりそうだ~!!)


もうひとつは、実際に建築される時の工事全般の技術のことで、材料、仕上のことなど、基礎の鉄筋から壁、屋根、電気設備など、沢山の知識を身につけてなくてはならないことです。(体の身は沢山ついているのにまだ付けなければならないのかい!!!)


さらには、デザイン、予算のソフトの部分が建築の良し悪しを決めるとなると、
施主の「夢」に応えるセンスも磨いていなければならなく、言って見れば「何でもが勉強」のようなものです。



そんなこんなで、先日、キッチンや洗面化粧台などの水廻りの新しい製品の比較を勉強するためにショウルームを巡ってきました。

07050201

07050202

07050203

07050204



昔の建物は、例えば茶室を思い浮かべてみると、木と土と植物(藁や竹)の身近な少ない材料で建てられていましたが、
今日の建物は、その材料も製品化され、使われるサッシュや瓦、設備機器など大半が既製のものを組み合わせ、建てられています。

その良し悪しはあるにしても、予算・工期を考えると、製品化されたものを使うことが実際に多くなってきています。

これも、設計の抽斗(ひきだし)だと思って、勉強してきました。


関連記事
コメント
そりゃ、食べ物だけに食いつきはいいってねv-16
【2007/05/03 01:55】 | あつこ #i91Fr8G2 | [edit]
このブログを読んでいる方々は
食べ物にかかわる話題だと
非常に食いつきよく
コメントをされている。

そう思うのは私だけでしょうか。
【2007/05/02 15:35】 | Le Petit Prince #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/34-96b19b5c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント