スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

前川の風景。

 2008-05-04
木場潟湖畔の風景を紹介していますが、
お気に入りの風景の一つに、木場潟から前川に流れ出るあたりの風景があります。
0805前川01
ヤナギの木が水面に覆いかぶさり、切妻屋根の赤錆びた建物と組み合わされて、郷愁を感じさせてくれる風景です。
0805前川02
遠くには、白山連邦が見え、とてもいい景色のところです。
0805前川03
カヌーのオリンピックアジア予選競技大会が近々木場潟で行われるので、外国の選手たちも、この郷愁ある水辺を気持ちよく漕いでゆきます。
0805前川04
知り合いのお嬢さんもこの風景が好きで、水彩画を描かれ、その絵をアトリエのリビングに飾ってあります。

実は、近々この赤錆びた建物が壊される予定らしいです。
先日、前川の景観条例が取り交わされたらしいですが、
公聴会のとき、新しく建てる時ばかりの条例だけでなく、
今ある建物の取り壊しのことも審議する必要があると発言しましたが、
現実、このように取り壊されることになると、もう少し強く言っておけばよかったと思います。

見方を変え、今後この風景が新しくなったとき、誰もがいい風景だと感じられるようになればと思います。

**********************************************

追記。
建物の所有者の方に確認しましたところ、赤錆びた建物は解体しないで、続き棟の工場を解体することでした。
よかった。
確認せずに、ブログに記事にしたことをお詫び申しあげます。(5月9日)
関連記事
コメント
心に残るものを持つこと。
風景も、建築も、親切も。
全てが大切なものです。
それらを糧にいいものを作ってゆきましょう。
【2008/08/03 11:24】 | アンクルトム〜le petit princeさんへ。 #OczajNqA | [edit]
この記事を見てから、いい景色だなあと思っていましたが、場所はアトリエのすぐ近くだったんですね。先日通りかかって気が付きました。逆に言うと今まで気が付かなかった。
ちょっとくやしい。
で、アーカイブを見直したら、この建物は解体されないとか。
よかった、よかった。
建物の必要性、寿命は一つの見方、価値観では決められませんが、お気に入りの風景の一部が残るというのは素直に嬉しいです。
【2008/08/01 09:43】 | le petit prince #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/291-4b17cb17
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。