スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

前川の護岸工事。

 2008-02-28
以前にも紹介した、木場潟から流れ出る前川についてのブログです。
前川は、かつての舟運時代に活躍していた川で、住民の文化、産業、生活の中で大切に使われ、その面影が残っている貴重な景観です。
0802前川01
一番木場潟に近いところから、一期工事が始められ、一部仕上がってきました。
昔の面影は全くなく、粉っぽいコンクリートの護岸擁壁が連続しているだけで、
景観を配慮したとは到底思えない大変なことになっていました。
0802前川02
川に降りられればといって、取ってつけた親水場。
そこへ降りて何をすればよいのかわかりません。
前川で昔から行われていた、石を円筒状にした、タンコロ石を、コンクリートで真似た恥ずかしいい護岸。
0802前川03
JRの陸橋があるため、道を拡幅しても、そこまででおしまいのの8mの市道予定地。
0802前川04
なんだか、他人事のように行われている、県の工事にはとても疑問に思います。
住民の、熱い思いを持って、いろんな方面から検討、資料を作成してきたにも関わらず、こんなありさまに。
住民の安全を守るという、一辺倒なカタブツの計画。

前川は、もっと、住民が集まる仕組みを持って、水辺の景観デザインをしなければなりません。
今からでも遅くはありません。
少なくとも、この市道計画地を、木を植え公園のようなゲートボール場にして、住民が集まる「点」を作り、
次に、別のところで、別の「点」を作り、それらを結ぶために歩道があり、人の往来ができれば楽しい親しみある前川になるではありませんか。

前川は、車でスーッと通り抜けるものではありません。
かつて、舟がゆっくり進んでいったように、「時間」を感じさせる空間であってほしいものです。

「木場潟から流れる前川の風景」
「前川(乗船体験記)Ⅰ」
「前川(乗船体験記)Ⅱ」
「前川(乗船体験記)Ⅲ」
関連記事
コメント
ご意見ありがとうございます。
先日、市役所へ出向き、また、前川改修の会合にも、初めて出ました。
何とか、知恵を出し、いい景観を残せるようにしたいと思っています。
多くの人たちのコメントが力になるような気がします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
【2008/03/01 13:07】 | アンクルトム~yumipekoさん、花がたみさんへ。 #OczajNqA | [edit]
お久しぶりです。
なんて味気ない風景なんでしょう。

堀割で知られる近江八幡も、
実は埋め立て工事がいくらか進んだところで、住む人たちの活動で中止になり、今、美しい景観を見せています。

その活動はたった一人の熱い思いから始まり、皆を動かしました。

そんな思いが集まればきっと・・・。


【2008/02/29 13:24】 | 花がたみ #- | [edit]
おひさしぶりです。

こりゃ悲しい姿ですね・・・

こちらに住み始めて思うのですが、
お祭りにしろ、近所付き合いにしろ
昔の大事なものがまだちゃんと
生活の中に根付いているように
感じます。

風景も、大切な生活の一部ですよね・・・
これからに期待したいですね。

【2008/02/28 21:28】 | yumipeko #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/242-b0fde82d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。