スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

前庭

 2007-04-20
先日、兄夫婦から、石灯篭と蹲(つくばい)をいただいきました。
大切なものなので、庭師に前庭として、作庭をお願いし、
素晴らしい坪庭が出来上がりました。


石灯籠の配置や、蹲の据え方は、難しいものでありますが、庭師は用意された石を手際よく見定め、あっという間に坪庭を作り上げられました。
いつも、庭師の仕事について、その場のものを、瞬時に捉え作庭する素晴らしい業だと感じています。
例えば、演奏、演劇などの、「演」という字に通ずることで、もしかすると、「庭演」という当て字にもなるのではないかといつも思っています。

アトリエ:070420坪庭1
四つ目垣を背に、蹲の石組み、竿石を地中に埋め込む「朝鮮灯篭」が配置され。
地覆に錆石や、那智石、苔をあしらい、小さいながらも見所が多くある前庭となっています。

アトリエ:070420坪庭2
蹲には、竹を加工して、筧をつけ、侘びの雰囲気を持つ景趣となっています。

アトリエ:070420坪庭3
遊びとして、これも親戚からいただいた石灯籠を据え、
手前に結石を置いて、庭の広がりを持たせています。



ちなみに、この作庭にあたった方は、
プロデュース:花屋(小松駅東口前)
作庭:丸山造園(加賀市野田)でした。

本当に有り難うございました。

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/23-32581d45
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。