大人の修学旅行2017年秋(奥能登)(その1)

 2017-10-21
仕事の締め切りなどで3カ月間、缶詰状態でしたが、ようやく少しばかりの開放に。
20171020083926_00001_20171021080637b3b.jpg
早速、加賀市の陶芸家夫妻と、大人の修学旅行。

奥能登国際芸術祭へ。
20171020083926_00002.jpg
作品鑑賞パスポートを携えあれこれと。
-20171018_144158- (640x427)
奥能登国際芸術祭だけあって海に関する作品も多いです。
「最後の漂着神」(小山真徳)
鯨と破船を漂着物として一体化したオブジェ。かつては、それらは幸と吉祥をもたらしたそうです。
-20171018_150317- (640x427)
「小海の半島の旧家の大海」(岩崎貴宏)
空家の古民家に大量の塩を入れ、その塩が海面のように表現した作品。
床の間などの和室が全くの海に変わっている空間で、塩の海に浮かんだ漁船。
-20171018_124248- (640x418)
-20171018_124503- (640x416)
「海上のさいはて茶屋」(よしだぎょうこ+KINOURA MEETING)
風景が切り取られた茶室。
こんな茶室で茶を一服してみたいです。
-20171018_155006- (640x427) (2)
「Something Else is Possible/なにか他にできる」(トビアス・レーベルガー)
子供のころ、テレビ番組で「タイムトンネル」がありましたが、それを思わせるトンネルです。
-20171018_160019- (640x427)
-20171018_160317- (640x427)
「Passing」(ウー・ジーツォン+チェン・シューチャン)
影絵です。漁網や漁具の影絵が時一刻に変わり続ける見ごたえのある作品です。
心に残ります。
-20171019_101612- (609x640)
「シアターシュメール」(南条嘉毅)
廃業した映画館を会場にした作品で、真っ暗な空間に音楽が流れ、日常の生活具がスポットライトで少しずつ浮かび上がらせる作品。
感性の良いものでした。
-20171019_104316- (640x424)
「静かな海流をめぐって」(奥能登曼荼羅)(金沢美術工芸大学アートプロジェクトチーム[スズプロ])
旧家の蔵に描かれた曼荼羅絵図。このまま残していても良いと思わせる作品です。
-20171018_164314- (640x427)
「Silhouett Factory」(角文平)
海を背景にし、珠洲の風景、祭、特産物、伝説などをモチーフにした切り絵。
上手く作られています。
-20171019_095756- (640x640)
「JUEN 光陰」(吉野央子)
かつてJUENというスナックでのインスタレーション。
少しばかり怖いです。
-20171018_122433- (640x427)
「神話の続き」(深澤孝史)
珠洲の海岸に流れ着いた廃棄物。鳥居に仕立てられています。
漂着神として伝えられているそうです。
-20171018_114249- (640x427)
「時を運ぶ船」(塩田千春)
作品は部屋一面に張り巡らされた赤い糸の作品。
気の遠くなるような作業です。ほんの一部。
-20171018_120702- (640x427)
「サザエハウス」(村尾かずこ)
一軒の小屋一面にサザエの貝殻を張り付けれれた作品。
内部空間もサザエの貝殻の中にいるような空間。
-20171018_165537- (640x422)
「さいはての「キャバレー準備中」」(EAT&ART TARO)
キャバレーはかつて、画家や詩人などのアーチストが集まり酒を飲んで談義する場だったそうです。
会場はフェリー乗り場の施設だったもので、その後少し前までレストランとして営業されていたものです。
何とも言えない素敵なレストランです。
会期後も、こんなレストランがあれば、珠洲へ何度も足を運びたくなるような「キャバレー」です。
-20171018_155400- (640x413)
駆け足で巡った芸術祭。
心に響く良い作品が多くありました。
関連記事
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント