NY邸のリノベーション

 2017-05-02
全国的に空き家が問題となっています。
建築設計の仕事は、新築が大半でありますが、空き家をリフォームして住まいを検討される方も時々います。
外観1 (2) (1024x576)
家族構成を考えると広い面積の住宅を希望されていて、新築での予算ではなく、空き家に目を付けて予算内にと。
外観2 (2) (1024x576)
いわゆる中古物件住宅ですが、中には事情があって手放された質のいい住宅にも出会うことがあります。
購入する前に、構造・設備・等を含めた建物チェックをして、快適に住まいが出来るリフォームの相談に乗っています。
このNY邸も、土地+新築にするか中古物件にするかの相談を受け、最終的に中古物件に手を入れて住まうことになりました。
土地購入も同じように、売買契約する前に、住まいのプランと予算を検討し進めて行く方法も、設計者を利用する一つです。
関連記事
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント