ミニチュアチェア6

 2017-02-06
チャールズ&レイ・イームズ夫妻の作品。
1950年代から60年代にかけて主にアメリカでデザイン、生産されたインテリアを「ミッドセンチューリー」と呼び、まさしくミッドセンチュリーの代表格。
L-イームズラウンジチェア
設計した建物にも施主の方が使われていますが、とても心地よく座れる椅子。
「おひとり様」の椅子です。
この椅子で一人の時間を過ごすには、キース・ジャレットのケルンコンサートをヘッドホンでかな。
L-イームズシェルチェア
FRPの本体にいろいろな脚を付け替え、バリエーションを。
名前もロッカーベースとかエッフェルベースと命名し。
L-イームズオーガニック
色も素材も豊富な組み合わせに。
L-ダイニングチェアウッド
こちらはダイニングチェアとラウンジチェア。
座面の高さや幅が異なっています。
成型合板の脚にしてみたり、スティール脚にしてみたり。
イームズの人気はこんなところにもあります。
関連記事
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント