スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ミニチュアチェア3

 2017-02-03
建築家ル・コルビュジェの作品。
L-LC2.jpg
良く見かける椅子で、分厚いクッションがスチールパイプに収められたデザインです。
クッションは、、厚切り食パン2枚重ねのようにフカフカで、体が沈み込むようです。
名が、グラン・コンフォルト(大いなる快適)。
私流では「メチャ気持ちええ」椅子です。
L-LC2-2.jpg
2人掛け、3人掛けもあります。
L-LC2-B.jpg
スチールパイプフレームは、船のデッキの手摺を思わせます。
L-LC4.jpg
底部が弓状になっていて、下の台座との組み合わせで傾き角度が変えられ、台座から外すとロッキングチェアにもなるというもの。
シャルロット・ぺリアンと共にデザインされニューヨーク近代美術館で永久保存版となっている。
腰掛けて寝そべってみるとそれなりに良いのですが、私のような寝返りを打つ人間には長時間つらいものがあります。
L-LC7.jpg
ル・コルビュジェの椅子にはLC2と言うように番号が付けられています。
Le Corbusierの頭文字のLCです。
北欧の照明器具でPH5とかAJロイヤルと呼ばれるものがありますが、PH5はポール・ヘニングセン、AJはアルネ・ヤコブセンの頭文字からで同じです。
LC7については特別な思いがないのでこの辺で。
関連記事
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。