スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ミニチュアチェア2

 2017-02-01
北欧の家具4大巨匠のひとり、アルネ・ヤコブセンの作品。
建築家であり、家具、照明、プロダクト等幅広くデザインしていて、人気のあるデザイナーである。
L-スワンチェア
コペンハーゲンのSASロイヤルホテルのためにデザインしたチェア。
名の通り、ハクチョウをイメージした優雅な椅子。
たまに、トレンディードラマにも登場して来る人気のある椅子です。
座り心地は特別良いわけではありませんが、エレガントな気分になります。
L-エッグチェア
同じくSASロイヤルホテルのロビーに置かれるためにデザインされた椅子。
全体に人を包み込むような卵の形をした座り心地よい椅子です。
ロビーの喧騒をから椅子の中で隔離できないかとのコンセプトで上部をせり出し囲んでありますが、
実際にSASホテルに置かれた椅子に座ってみましたが、言うほどのこともなく、大きな外国人は頭が飛び出てしまっていて何の働きも無いようでした。
リプロダクトでは全体が黄味色や白色が出されエッグらしい雰囲気になってきていますが、全体が白でクッションが黄色だと、よりエッグらしく楽しいかも。
L-アントチェア
スワン、エッグと続き、今度はアント(蟻)の椅子です。
オリジナルは3本足ですが、転倒防止のために4本脚で出回っています。
アトリエでも使っています。
9枚の薄ベニヤの成形合板を出来る限り削り落としていった結果このようなくびれのあるデザインになったとか。
くびれがなく、お腹の出ている私には挑戦的です。
形が蟻のようであったので命名されたそうです。
L-スリーレッグシェルチェア
北欧4大家具巨匠のもう一人ハンス・ヴェグナーの作品です。
ハンス・ウェグナーはYチェアなど曲木の素晴らしい椅子を数多く手掛けていますが、これは珍しく成型合板の椅子。
おおらかで座り良い椅子です。
本当は曲木のミニチュアチェアがあればと思いますが、いろいろと難しいことがあったのでしょう。
関連記事
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。