ブラトモジ(明治神宮)

 2016-01-10
昨年6月に明治神宮へ。
木場潟の100年の森構想の視察として。
2015-06-13 016 (800x533)
今年のお正月のテレビでも紹介された明治神宮森。
今からちょうど100年前に、明治天皇を奉る神社として造営され、その森を造林。
2015-06-13 028 (800x533)
30年ほど前に明治神宮近くの参宮橋に勤務先の設計事務所があり、そのころにはもう大きな森になっていて。
20150524104132_00001 - コピー (3)
この森の植栽計画。
第一段階として、見た目に神社としてふさわしい森として「仮設の森」。主木としてアカマツ、クロマツを植え、マツの間にヒノキ、スギ、モミの針葉樹。その下にカシやシイ、クスノキを植える。
第2段階として、林冠のアカマツ、クロマツが下から伸びてきた針葉樹に負け、台頭してきた針葉樹が最上部を支配する。
第3段階として、下のカシやシイが成長し、針葉樹と混生する森となり。
第4段階として、シイやカシが主木になり、常緑広葉樹林になってゆく。
2015-06-13 048 (640x427)
100年前は荒地だったところが、計画通りに50年余りでその森の様相を持ち。
2015-06-13 044 (427x640)
人工林の大自然に。
2015-06-13 046 (640x427)
北陸新幹線が通ることにより、新たな森づくりがこのような100年構想の景観遺産になれば。
関連記事
カテゴリ :ブラトモジ トラックバック(-) コメント(2)
コメント
おそらく「いのちの森」のことだと思います。
http://inochinomori.net/
毎週日曜日の朝、FM放送で番組があります。
何かヒントがあればと時々聴いています。
宮脇昭さんには木場潟100年景観遺産森のフォーラムに登壇していただけないかと策を練っています。
Kennさん、その時はご協力よろしくお願いいたします。
【2016/01/11 08:56】 | アンクルトム #OczajNqA | [edit]
  アンクルトムさん、
東北震災後、「瓦礫で作る緑の防波堤プロジェクト」が、発案されたの知ってますか?

私、30歳の時、九州の鉄の会社に出向を命じられ、しばらく居ましたが、その際、大分工場へ打ち合わせに行き、鎮守の森の様な工場に、驚かされました。

近年、それを参考に、三菱商事・横浜ゴム・新日本製鉄・トヨタ自動車・イオン・JT、等が、緑化を、行ってますよね。

宮脇 昭さんの、潜在自然植生、良いですよね。
近年、野菜・果物・お花の苗木を、買いに行くと、黒いポリのポットに、入ってますよね それは、大分工場職員と、宮脇先生の 発案です。


  計画が、うまくいきますように、





【2016/01/10 13:41】 | Kenn #0LsYMRYQ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント