スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

水環境フォーラムin小松2007

 2007-09-10
先日小松ドームにて「水環境フォーラムin小松2007」が開催されました。
このフォーラムは、国交省、石川県、小松市の主催で、「生活排水の普及」をテーマとし、「木場潟の水辺の輝きを未来に」のパネルディスカッションと「私の取材手帳」の福島敦子氏の講演の2部にわかれたフォーラムで、多くの市民が参加しました。
0709木場潟環境フォーラム01
会場は、「木場潟再生プロジェクト」の活動展示パネルや、水環境のパネルなども展示され、生活と水の関係の大切さを解かり易く展示してあります。
0709木場潟環境フォーラム02
パネルディスカッションでは、木場潟やその他の水環境ついて、パネラーが各自の取組の事例を紹介し、かつての木場潟の水辺の取り戻し方が話し合われました。
0709木場潟環境フォーラム03
事例では、諏訪湖や三方五湖の水質改善が紹介されましたが、いずれにせよ、下水道の普及と、生活排水の改善が大切であるということでした。
但し、それらは湖沼という大きな面積の水質改善であるゆえ、一朝一夕になるものでなく、時間をかけ改善された事例でした。
0709木場潟環境フォーラム04
木場潟の事例として、下水道の普及、大日川の水を木場潟に流し込むことも紹介され、他に水辺の葦の保全による水質改善の方法も紹介されました。

毎日、木場潟の景色に接していますが、風景の美しさに見とれるだけでなく、水質にも目をむけ、その改善がさらに豊かな自然を生むものだと思えば、今回のフォーラムは意義あるものだったでしょう。。

これは、木場潟だけでなく、地球全体についてもいえることだと思います。
関連記事
コメント
パネルを拝見しました。
木場潟は、これからもずっと長く付き合っていくものです。
残すものは残し、甦らすものは甦らす。
みんなで、木場潟を大切にしていきましょう。
【2007/09/14 13:40】 | アンクルトム~木場潟再生プロジェクトさんへ。 #OczajNqA | [edit]
先日はご来場ありがとうございました。
ブログでも私たちの活動を取り上げて
いただき感謝しています。
今後も木場潟の水質浄化にかぎらず
動植物の保護につとめていきたいと
思っています。
【2007/09/12 13:49】 | 木場潟再生プロジェクト #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/135-2b0d87ab
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。