FC2ブログ

前川(乗船体験記)Ⅲ。

 2007-08-30
前川をさらに木場潟へ上って行くと、河畔に樹が生い茂る情景ある風景が見えてきます。
かつての木場潟湖畔もこのような風景だったのでしょう。
こんな自然の水辺に接すると、これこそ残していかねばならない大切な風景だと感じます。
0708前川31
知人のお嬢さんがこの風景が好きで、何年か前に水彩画を描いていました。
その絵を譲ってもらい、アトリエのリビングに飾ってありますが、お嬢さんと同じく、私もこの風景がとても好きです。
0708前川32
水面に木の枝が垂れ下がり、向こうには木場潟がつながってゆきます。
0708前川36
いつもの散歩のときに渡る「五郎座橋」です。
2年ほど前までは、木製の欄干で架けられていましたが、老朽のためコンクリートの橋となり、風情が半減したようです。
同じコンクリートの橋であっても、もう少しデザインしたものであればと思います。
0708前川34
そして木場潟に出ました。
いつも見る木場潟を水面から見たのは初めてです。
その日は暑い日でしたが、水面から流れる風は涼しく、広がりある木場潟がとても気持ちよく感じました。

3回にわたり前川の乗船体験を記事にしてきました。
前川の再生保存は、大切なものです。
今後、建築家として、眼をすえ、意見を述べ、少しでも多くの人に親しまれる前川になればと思う次第であります。

おわり。
関連記事
コメント
昭和に作られた前川の風景。
その以前は、葦や樹木が生い茂る前川の風景。
今度は、後世に伝えられる平成の前川を作らねばなりません。
【2010/07/30 07:58】 | アンクルトム #OczajNqA | [edit]
今後、建築家として、眼をすえ、意見を述べ、少しでも多くの人に親しまれる前川になればと思う次第であります。
http://www.tf-mart.com/return-to-tiffany.html
http://www.linkslondonsale.com/bracelets.html
【2010/07/23 10:53】 | ed hardy #/9hBKkrU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/129-de8d5b82
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント