スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

セミの羽化

 2007-07-31
毎年夏になると、アトリエの周辺では、セミがジージー、ミンミンとうるさく鳴きます。
でも、今年はまだ梅雨明けしていないせいなのか、セミの鳴声が弱弱しい。
カンカン照りでないと大合唱がないのかな?
一方で、ヒグラシが夕方になるともう鳴きだしており、どうも季節感が変である。
0707セミ01
アトリエでは、アブラゼミが多い。
近づいてみても気にすることなく、鳴いている。
0707セミ02
抜け殻が、いろんな所に、沢山残っていて成虫となって飛んでいったようである
物干用のロープに残った抜け殻。
地面からは結構の距離にあるところに残っている。
歩いてきたのだろう。
0707セミ03
桑の木に数多く抜け殻がある。
0707セミ04
抜け殻の抜け殻のように、2つくっ付いて残っている。
0707セミ05
夜、懐中電灯をもって桑の木を見てみると、脱皮中のセミが目に止まった。
かわいそうだが、小枝ごと切り取り、台の上で撮影。
0707セミ06
なんとも愛らしい目をした脱皮したばかりのセミ。
羽は小さく、まだみどりいろ。
いわば、セミのセミ。

0707セミ07
早朝、見てみたら、もう成虫になっていた。

セミは、5~7年くらい土の中で生活し、その間何度も脱皮しながら大きくなり、最後に地上に出て最後の脱皮を行い羽化していくそうです。
このセミも、長い地中の生活を終えやっと成虫になりました。
そして、短い地上生活を、思いっきり鳴いて生涯を行くのでしょう。

今日のアトリエのセミの合唱の中にも、君の鳴声があると思って聞きますよ。
大きな声でジージー鳴いてくださいな。

関連記事
コメント
虫や動物、樹や花。
それらにはすべて命がありますよね。

時々、人間の勝手で絶たされる小さな命。

自然にふれていると、いろんな思いやる気持ちが生まれます。

もう少し、自分もやさしくならなければ。
【2007/08/05 09:21】 | アンクルトム~yumipekoさんへ #OczajNqA | [edit]
10年ほど前だったか、
仕事で遅くなってくたくたで帰ってきて
駅の近くの歩道を歩いていたら、
地面に脱皮前のセミが落ちていました。

少し、ムシが得意でないのと、
くたびれてたのが重なって、
えーいって見て見ぬ振りして通り過ぎ
ました。


が、ものの5mほど歩く間に、
祖母から小さいころ聞いた、
セミの生涯が頭を駆け巡って、
慌てて、拾いに行きました。

あんまり慌てて、道に這いつくばった
もんやから、周囲の人は、コンタクトを
落としたのだと思った人もいたり!
しましたが、無事発見し、近くの枝に
返してやることができました。

小さいころ、教えてもらう善悪だとか
命の大事さとかだとかって
一生物なんでしょうね。。。

でも、蚊は、容赦なく・・・・です(笑
【2007/08/01 18:04】 | yumipeko #- | [edit]
あ・・・・・怖かった
  アハハハハ なにげに訪問して
      恐怖のウズ アハハハハ
【2007/07/31 10:00】 | ALOHA~♪ #BWgGc7Fk | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/110-c239f7a5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。