FC2ブログ

待宵草

 2007-07-30
木場潟湖畔に、待宵草がポツポツと咲き出した。
「待宵草」は夕暮れを待って花を咲かせることからつけられた、美しい名前である。
竹久夢二の「待てど暮らせぬ来ぬ人を・・・」の歌は有名であるが、夢二は詞の語感をよくするために字を入れ替えて「宵待草」としたそうだ。

07月見草01
待宵とは陰暦の8月14日のことで、翌日の15日の満月を待つ意であるらしい。
07月見草02
また、別名「月見草」とも呼ばれ、宵にやわらかな黄色の花がフワッとつけるが、早朝散歩のときはまだ咲いている。
0707月夜
昨晩は、まだ梅雨明けしていない北陸の曇り空の間から満月が顔をのぞかせていた。
夏の夜の満月を愛でながら、待宵草のことを書く。
う~ん。なんて風情のあることか。

でも、夢二の詞は、「今宵は月も出ぬそうな」となっている。


関連記事
コメント
そうでした。
訂正しておきます。
御指摘ありがとう。
【2007/10/11 21:01】 | #OczajNqA | [edit]
「竹下夢二」との記述は「竹久夢二」の誤記ではないでしょうか。
【2007/10/11 16:38】 | #- | [edit]
見られると思うよ。

もうすぐだね。へへへっv-344
【2007/07/31 13:37】 | アンクルトム~ALOHA~♪さんへ #OczajNqA | [edit]
見たい
見られるかな
 楽しみだな~うふふe-266 
【2007/07/31 10:02】 | #BWgGc7Fk | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/109-bb59217c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント