FC2ブログ

デジタル掛け軸

 2007-07-26
木場潟湖畔に20数年前からアトリエを構えていらっしゃる長谷川章さんは、DK(デジタル掛け軸)という手法で、建造物や自然の樹々を、オリジナルの映像で照射し、多くの人に感動を与えてくれる映像作家である。

DKの映し出されてきたこれまでの建造物は、金沢城や東京フォーラム、ギリシャのアテネアクアポリス等国内外問わず数多くあり、夜に幻想的な風景を創り出してきた。

また、DKは、長谷川章さんが制作した何万枚にも及ぶオリジナルの映像が時間とともに徐々に移り変わっていく手法で、照射された建造物も伴い、いろんな見え方になる、見ていていつも感動を覚える素晴らしい環境芸術である。

0707DK01
昨日、加賀市大聖寺の菅生石部神社にてDKが行われました。
DKに照射された能舞台と松が浮かび上がってきました。
0707DK05
本殿も映し出され、幻想的な風景になっています。
0707DK03
映像が変わると、雰囲気もがらりと変わり、あちこちで、にわか評論家が感動を語りあっています。
0707DK04
子供にもDKが。
そして、地面には影が。

このように、映し出される建造物などは、遠近と映像の組み合わせにより2度とないDKとして彩られます。
一期一会といいますが、この瞬間、このものは一つしかないことをDKを体験して、改めて感じました。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kagakusha.blog80.fc2.com/tb.php/106-88f84b78
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント