スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

フェーブ

 2016-08-01
フランスでは、新年を迎えると家族や友人が集まり、ガレット・デ・ロワと言う焼き菓子パイを食べる風習があり、その焼き菓子に「フェーブ」と言う陶製の人形を一つだけ入れ、切り分けた中にフェーブが入っていた人はその日の一日王様になれると言う趣向を楽しんでいるそうです。
2016-07-31 003 (800x533)
面白そうなので調べてみたら、人形だけでなく、いろんなものが。
2016-07-31 001 (800x533)
中でも気に入ったものがシトロエンDSの車。
2016-07-31 013 (800x596)
早速取り寄せて、朱塗りの御膳に。
2016-07-31 028 (800x799)
3センチほどのものですが、上手く作られています。
2016-07-31 026 (800x799)
新しいコレクションになりました。
2016-07-31 020 (800x600)
実は、これを知ったのは、本棚にあった2008年の「暮しの手帳」を見返していたら目に留まった記事。
2016-07-31 023 (800x582)
「フェーブなつじかん」と言うところが扱っています。
http://www.natsujikan.jp/
ハマりそうです。
スポンサーサイト
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)

ミニチュアカー。

 2016-08-02
車のミニチュアの記事をもう一つ。
DSC_0006_2016080208411583f.jpg
ミニチュアカーを集めていて、200台くらいありますが、普段乗っている車に同じ車種のミニチュアカーをディスプレイ。
DSC_0008_2016080208411183b.jpg
Y婦の愛車、フィアット500。
DSC_0005.jpg
車は水色ですが、ミニチュアカーは白色。
ちょこんと乗って似合っています。
DSC_0007.jpg
私の愛車ボルボ240。
車は赤色ですが、ミニチュアカーはシルバー。
このミニチュアカー、なかなか見つからなかったものですが、何とかゲット。
ミニチュアカーを眺めて楽しいドライブ。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)

ミシン。

 2016-08-03
知人からミシンをいただきました。
2016-08-02 007 (800x500)
とてもきれいなミシンです。
2016-08-02 009 (520x800)
ミシンは英語で Sewing Machine/ソーイングマシン。
2016-08-02 019 (800x620)
外国人のマシンと発音がミシンに聞こえてミシンと呼ばれたとか。
2016-08-02 015 (607x800)
機械美です。
2016-08-02 021 (685x800)
大切にしなければなりません。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(2)

大人の修学旅行 2016夏八ッ場ダム

 2016-08-16
夏休み、Y婦の故郷、群馬県の長野原町へ。
DSC_0009_2016081615283784c.jpg
何度か紹介をしている八ッ場ダム。
DSC_0024_2016081615205264f.jpg
毎年、お盆と正月に見学に。
DSC_0027_201608161522290e9.jpg
少しずつ工事の様子が見えてきました。
八ッ場ダム1
グレーに塗りつぶされたところがコンクリート壁になり、ダムに。
DSC_0028_20160816152925c6a.jpg
壮大な計画です。
DSC_0012_20160816152050ef9.jpg
茶色の工作物はダムをつくるためのコンクリートプラント工場。
現地でコンクリートを調合します。
DSC_0031.jpg
鉄橋に見える茶色の管は近くの山を採掘してコンクリートに混ぜる砕石を運ぶコンベア。
この鉄橋は川原湯温泉付近のJRの鉄橋、下は川原湯温泉駅跡。
温泉街そのものがダム湖底に。
DSC_0016.jpg
一方で、ダム下流にある「吾妻峡」の風景。
DSC_0017_20160816152125e32.jpg
紅葉がきれいな渓谷です。
DSC_0020_2016081615262005e.jpg
自然環境と人工物。
人間の都合で自然がどんどん失われて行くような気がします。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(2)

ヴォルフガング・ダヴィッド&梯剛之 デュオ・リサイタルⅢ

 2016-08-17
毎年、木場潟湖畔のアトリエから主催で開かれているヴォルフガング・ダヴィッド&梯剛之さんのデュオリサイタルが今年も。
チラシ表
12月9日(金)こまつ芸術劇場うらら小ホールで。
チラシ裏
毎年夫婦で準備して、多くの方々に協力をしていただいていたのですが、今年は、最初から協力していただく方が申し出てくださり、グループ「オトガク」として主催。
オトガク(黄文字)(木場潟湖畔のアトリエ)
輪が広がり、今年も是非とも盛会になりますように。
ちなみに、毎年早々にチケット完売となりご迷惑をおかけしていますが、ご希望の方はお早めにご予約を。

20160817082658_00001 (453x640)
今年はヴォルフガング・ダヴィッドさんが夏にも来日され、8月18日(木)にデュオ・リサイタルが。
20160817082658_00002 (453x640)
そして室内楽の演奏会にも。
お二人の演奏が沢山開かれることは嬉しいことです。
カテゴリ :梯剛之 トラックバック(-) コメント(0)

害虫被害

 2016-08-29
木場潟湖畔の園路の桜がアメリカンシロヒトリで丸裸に。
DSC_0018_20160829050121715.jpg
中央園地~北園地の桜トンネルの桜が。
DSC_0020_20160829050123e81.jpg
舗道はフンが落ち融けて茶色に。
DSC_0021.jpg
葉が食べつくされました。
DSC_0022_20160829050124987.jpg
気持ち悪いです。
DSC_0023_20160829050126ea1.jpg
しかし、他の桜並木は被害に遭わず青々した並木です。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

コスモス

 2016-08-29
木場潟湖畔には園児が育てたコスモスが。
DSC_0033_201608290513251be.jpg
少しずつ咲き始めました。
DSC_0030_20160829051325a8d.jpg
目を楽しませてくれます。
DSC_0026.jpg
風に揺られ、少しずつ秋の気配が。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

豊作

 2016-08-29
木場潟周辺の田んぼはそろそろ稲刈りに。
DSC_0042_20160829052113050.jpg
今年は天気が良くて豊作のようです。
DSC_0037_20160829052112858.jpg
穂のコメも垂れ下がり。
DSC_0035_2016082905211163e.jpg
しかし、この田んぼはこれが最後かも。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

切手

 2016-08-30
最近切手が面白い。
これまでは絵や写真の切手が多くありましたが図案のものが。
2016-08-08 001 (640x427)
「伝統色」
日本の形を図案に。
2016-08-05 002 (640x427)
「和の文様」
日本の文様を図案に。
2016-08-05 001 (640x427)
そして、「ふみの日」に出された切手。
上手いイラストです。
手紙やはがきをついつい出したくなります。
2016-08-29 001 (640x560)
おまけに、平成24年に出された「牧野富太郎生誕150年」切手。
ボタニカルアートです。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。