太陽柱

 2016-02-03
今朝の日の出直前。
2016-02-03 003 (800x533)
太陽柱なのか雲の切れ目からの光線なのか。
2016-02-03 001
光が垂直に。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

立春

 2016-02-04
今日は立春。
2016-02-03 007 (533x800)
少しづつ春に。
2016-02-03 009 (526x800)
昨日は、節分。
福は内。
2016-02-03 016 (800x533)
書は長谷川章さん。額は山下一三さん。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

ダルマサンガコロンダ

 2016-02-05
子供のころ遊んだ時、10数えるときの言葉。
2016-02-04 015 (533x800)
もう一つ「ボンサンガヘ-コイタ」
2016-02-04 008 (800x533)
今度、花見の時にでも、懐かしい遊びをしてみようかな。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

寺田一行さんの版画

 2016-02-06
先日紹介をした寺田一行さんの版画展。
寺田一行カレンダー
寺田さんから毎年カレンダーをいただいています。
1998年から大切に保管しているカレンダー。
毎年の1月だけをまとめてみました。
2016-02-05 002
こちらは、先日の個展で購入した版画。
素敵なものばかりです。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)

梯剛之ファンクラブ懇親会コンサート

 2016-02-08
週末、梯剛之さんのファンクラブの懇親会コンサートへ。
2016-02-06 115 (800x512)
全国から40名ほどが集まり、和やかに。
2016-02-07 001 (800x533)
小さな会場で、間近で聴く演奏。
至福の時間でした。
カテゴリ :梯剛之 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2016年2月

 2016-02-09
今回の大人の修学旅行は、目黒区総合庁舎。
設計は村野藤吾。
2016-02-06 069 (800x527)
以前は、千代田生命の本社ビルとして使われていたもの。
2016-02-06 068 (800x533)
外観はアルミキャストの格子を組み合わせ、「光を跳ね返すのではなく、吸収する」美しい様相。
2016-02-06 088 (523x800)
車寄せのキャノピー(庇)は軽やかに。
2016-02-06 082 (800x533)
ディテールもきれいです。
2016-02-06 011 (800x533)
内部に入るとエントランスホール。
2016-02-06 010 (800x532)
大きな窓はなく、低い位置の窓。
床の石張りの光沢に光が反射し明るい空間に。
2016-02-06 017 (800x533)
天井にはガラスモザイクが施された天窓。
作野旦平の作品。
2016-02-06 023 (533x800)
見ごたえは、中央のらせん階段。
2016-02-06 037 (800x519)
3層の吹抜を曲線がつながり、宙に浮いたように見せています。
2016-02-06 066 (800x533)
今回入ることが出来ませんでしたが茶室も。
土庇の薄さは、おどろきです。
外観ファサード、光の取り入れ方、らせん階段、茶室の庇。
どれもが村野藤吾が苦心しているテーマが伝わる、名建築の一つです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(2)

大人の修学旅行2016年2月(その2)

 2016-02-10
代官山ヒルサイドテラスへ。
2016-02-06 096 (533x800)
設計は槇文彦氏で1969年から30年の間に6期にわたり街並みを作ってきた店舗を持つ複合集合住宅。
2016-02-06 090 (533x800)
1期の時は用途地域が第一種住居専用地域であり店舗が認められない地域であったが、地域性を考え店舗が必要と行政との折衝で実現した店舗複合集合住宅。
2016-02-06 093 (800x533)
学生時代の低層住宅の設計課題の際に参考にと、良く見学に行ったものです。
2016-02-06 091 (800x533)
三層の建物で、高低差を利用して、路地や広場を上手く配置し、スケール感の良い建物が素晴らしい街並みを作っています。
2016-02-06 099 (533x800)
ザハ・ハイデッド氏の新国立競技場案の際に、スケールが東京都心のスケールではないと異を唱えた槇文彦氏。
この原点が、このヒルサイドテラスにあるような気がします。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

電気ブラン

 2016-02-11
先日、懐かしいお酒を発見。
2016-02-05 010 (523x800)
電気ブラン。
2016-02-05 013 (534x800)
発売当時「電気」がハイカラだったことから、電気でしびれるほどのブランデーとして薬草などをブレンドしたお酒。
2016-02-05 018 (517x800)
今の言葉で言えば「ハイブリッド・エレクトリック・プレミアム・ブランデー」
アルコール度数40度。
ストレートにガンガン飲めば、頭の中はアトミックになりそう。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

夜明け前の木場潟湖畔

 2016-02-11
今朝の夜明け前の木場潟湖畔。
2016-02-11 001 (800x533)
昨夜寝る前に天気予報を見ると、絶好の撮影日和。
2016-02-11 043 (800x533)
静かな湖畔に、白山連峰のシルエット。
2016-02-11 059 (800x533)
今日一日、いい天気になりそうです。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

小松空港展望デッキ

 2016-02-12
昨日は天気が良かったので、小松空港の展望台へ。
2016-02-11 106 (800x533)
こんな景色の良い空港はとても貴重です。
2016-02-11 120 (800x515)
JALが飛び立ち、ANAが待機。
2016-02-11 128 (800x518)
空が大きく感じます。
カテゴリ :ブラトモジ トラックバック(-) コメント(2)

小松市公会堂Ⅱ・宮本三郎の壁画

 2016-02-13
以前に紹介をしたことがある、小松市公会堂。

小松市公会堂←クリック

2016-02-11 071 (800x529)
このたび、展望塔のみが解体されることに。
2016-02-11 070 (533x800)
展望台が特徴だったのに。
小松のモダニズム建築が形を変えることになり、とても残念です。
2016-02-11 082 (800x533)
ところで、1階キャノピー付近に宮本三郎の壁画があると、前回も紹介をしました。
2016-02-11 081 (800x533)
黒御影石をエッチングして描かれています。
タイトルは「小松の産業」。
2016-02-11 091 (800x533)
小松市役所側にも同じモチーフの壁画があります。
2016-02-11 094 (800x526)
しかしこちらはモザイクタイル貼。
まさか、このモザイクタイル画まで撤去しないでしょうね。

2015-05-16 028
おまけ。
宮本三郎美術館裏と空とこども絵本館裏に囲まれた広場にある、同じく宮本三郎の壁画「農耕」。
これもいい作品です。
カテゴリ :ブラトモジ トラックバック(-) コメント(2)

時を超えて。

 2016-02-15
小松市の歴史の本を見ていたら思わぬ写真を発見。
20160212084723_00001.jpg
1939年の前川から白山を望む写真。
20160212084723_00001 - コピー
77年前の風景写真です。
DSC_03402012-11-25_10-45-40_convert_20160213181310.jpg
現在も変わらぬ風景です。
20160215142908_00002 (640x459)
こちらは、今江町史の扉に描かれている墨絵。作は、今江町の泉昇さん。
DSC_01212008-05-04_08-04-24[1]
こちらは知人のお嬢さんが高校生の時に描いた水彩画。
時を超え、この風景に惹きつけられるものがあります。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

2016年雪化粧

 2016-02-16
今朝の木場潟湖畔。
2016-02-16 088 (640x427)
新雪がふわりとかかり冷え込んだ朝。
2016-02-16 034 (640x414)
昨晩寝る前におそらくこのような風景になるだろうと。
2016-02-16 062 (640x422)
氷点下の気温が上がる前に。
2016-02-16 073 (640x427)
あちこちと走りながら撮っていると。
2016-02-16 107 (640x415)
いつの間にやら大粒の汗が。
2016-02-16 076 (640x427)
いい運動です。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(2)

クリスマスローズ展

 2016-02-22
最近、Y婦がはまっているクリスマスローズ。
IMG_1246 (640x527)
その展覧会へ富山中央植物園までお伴。
クリスマスローズの種類がいっぱいあって。
IMG_1227 (640x640)IMG_1231 (639x640)IMG_1228 (640x639)IMG_1230 (640x640)IMG_1232 (577x640)IMG_1233 (640x472)
IMG_1234 (640x480)IMG_1241 (640x640)
目の保養をしてきました。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)

ボタニカルアート葉書

 2016-02-23
富山県中央植物園へ行った際に買った葉書。
2016-02-22 002 (640x427)
ボタニカルアートの葉書。
2016-02-22 005 (640x427)
サクラの種類ごとにセットにしたもの。
2016-02-22 007 (640x427)
桜の花も優しいものですが、書かれた絵もとても優しく。
2016-02-22 009 (517x640)
誰かに送りたくなります。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)

富山市ガラス美術館

 2016-02-24
富山市ガラス美術館へ。
IMG_1249 (503x640)
設計は隈研吾。
IMG_1260 (640x480)
ガラス美術館と図書館の複合の建築。
IMG_1268 (640x455)
形や位置が少しずつずれた3層の吹抜け。
IMG_1273 (480x640)
上手くプランしています。
IMG_1256 (640x480)
格子の効果でもあるように、正面から見ると線材で素通しされ。
IMG_1272 (480x640)
斜めから見ると面に見え、空間を仕切る。
IMG_1275 (640x452)
鏡を使って、空間の広がりも。
部材をよく理解した空間です。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

銀世界

 2016-02-25
今朝起きたら思いがけない雪化粧。
2016-02-25 044 (640x427)
陽が昇ってもまだ気温が低く。
2016-02-25 047 (640x427)
樹の枝には華が咲いたように雪が。
2016-02-25 053 (640x427)
キレイです。
2016-02-25 048 (640x422)
朝日に照らされた雪が。
2016-02-25 074 (640x427)
輝いています。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

二木紫石の書画展

 2016-02-26
少し前のことですが、しろやま会館で二木紫石の日本書画展が。
IMG_1205.jpg
私の住む今江町生まれの明治23年~昭和54年の日本画家です。
IMG_1204.jpg
名前はよく耳にしていましたが、作品を拝見することは初めて。
IMG_1197.jpg
精緻であるけれども柔らかいタッチで、優しさを感じます。
IMG_1199.jpg
これは、屏風に貼られていたものを一枚一枚の作品に。
IMG_1201.jpg
屏風や襖絵。
今江町には素晴らしい文化人が沢山輩出したことを改めて知ることが出来ました。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

河津桜

 2016-02-26
木場潟南園地の河津桜が咲き始めました。
IMG_1305 (640x480)
昨日の陽気な天気に誘われて。
IMG_1304 (640x480)
小さな花がポツポツと。
IMG_1306 (640x480)
春が待ち遠しいです。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント