スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

春は必ずやってくる。

 2011-04-01
不安や失意の中での3月。
今日からは4月。
春とともに、気分を取りなおして、ブログを再開します。
DSC_00162011-04-01_08-31-082011-04-01_08-31-07.jpg
木場潟湖畔には土筆が顔をのぞかせ。
DSC_00512011-03-31_14-48-282011-03-31_14-48-26.jpg
アトリエの紫陽花にも葉が開き始め。
DSC_00572011-03-31_16-28-402011-03-31_16-28-40.jpg
ハクモクレンの花も、毛皮のコートの芽鱗を割れ破り、もうすぐ花が。
DSC_00102011-04-01_08-27-122011-04-01_08-27-11.jpg
5年目の木場潟湖畔のアトリエからです。
新しい芽吹きとともに、希望を持って。

PS.
これからハンドルネームをアンクルトムから芦田智朗(あしたトゥモロー)にします。
これからよろしくお願いします。
スポンサーサイト

快晴。

 2011-04-02
昨日は、朝から雲ひとつない快晴。
DSC_00062011-04-01_08-37-062011-04-01_08-37-05.jpg
まだまだ真っ白な白山。
DSC_00022011-04-01_08-36-262011-04-01_08-36-24.jpg
近くの山の大日山もまだ真っ白。
DSC_00012011-04-01_08-23-142011-04-01_08-23-13.jpg
木場潟湖畔の南側に見える富士写ヶ岳は、少し雪解けが。
DSC_00132011-04-01_12-55-062011-04-01_12-55-05_20110401174938.jpg
アトリエの窓には、白山連峰が一面に映り、気持ちのよい一日でした。

ゆらり。

 2011-04-03
ゆらり。
DSC_00062011-04-01_08-25-162011-04-01_08-25-16.jpg
さらにゆら~り。
DSC_00112011-04-01_08-27-522011-04-01_08-27-51.jpg
いろんなものが、ゆらり。
DSC_00082011-04-01_08-25-522011-04-01_08-25-51.jpg
水面に映る景色は、気持ちを和らげてくれます。
DSC_00122011-04-01_08-28-102011-04-01_08-28-08.jpg
こんなアートな表情も。

椿

 2011-04-04
桜の開花の前に、アトリエではあちこちに椿の花が。
DSC_00232011-03-31_11-31-362011-03-31_11-31-36.jpg
椿にはいろんな種類がありますが、アトリエに咲いている椿の花は、どんな種類の花か皆目分かりません。
DSC_00442011-03-31_11-44-002011-03-31_11-43-59.jpg
椿の花期は12月頃からと言われ、冬の花のように思いますが、アトリエの椿の多くは今が見頃です。
DSC_00392011-03-31_11-39-582011-03-31_11-39-57.jpg
この椿の花が終われば、今度は春らしい色の花が咲き始めてきます。
春は、もうすぐです。

さくら酒

 2011-04-05
先日、某「酒のやまや」で楽しい物を発見。
DSC_00222011-03-29_11-42-462011-03-29_11-42-46.jpg
梅酒ならぬ、リキュール「さくら酒」。
DSC_00192011-03-29_11-40-042011-03-29_11-40-03.jpg
ビンの中には桜の花や、香草、パイナップル、氷砂糖等が入っており、ホワイトリカーを注ぎ、手造り風の「さくら酒」。
DSC_00032011-04-02_13-12-422011-04-02_13-12-42.jpg
1週間経ちました。なかなかいい色になり、美味しそう。
今年の花見は、この「さくら酒」をアペリティブに。
楽しみです。

日暮れどきの白山。

 2011-04-06
ここ数日、風は冷たいものの、快晴が続いています。
DSC_00052011-04-04_18-21-182011-04-04_18-21-17.jpg
夕暮れどきの白山はピンク色に染まり、とてもきれいです。
DSC_00042011-04-04_18-15-342011-04-04_18-15-34.jpg
仲のよさそうなカップルが、並んで白山を。
いい思い出になったのでは。

PS
写真を見て、人間の大きさと比べると、白山連峰の雄大さが改めて感じます。

鉢の花。

 2011-04-07
アトリエの植木鉢の花が、いくつか咲き始めてきました。
DSC_00072011-04-06_12-40-142011-04-06_12-40-14_1.jpg
名前はクリスマスローズと冬をイメージする名前ですが、今が見頃です。
DSC_00082011-04-06_12-41-082011-04-06_12-41-08.jpg
アネモネです。
ピンクと白の花がつきました。
DSC_00022011-04-06_12-38-122011-04-06_12-38-12.jpg
昨年初めて植えてみたイフェイオン。
純白のきれいな花です。
DSC_00152011-04-06_12-48-182011-04-06_12-48-18.jpg
桜は、まだつぼみ状態。
来週あたりが開花かな?

三日月。

 2011-04-08
昨日の日暮れ後、西の空には三日月が。
DSC_00092011-04-07_18-48-142011-04-07_18-48-14.jpg
暦で見ると新月から4日目。ちょっと太めの三日月です。
(三日月とは言わないのかも)
DSC_00152011-04-07_18-52-222011-04-07_18-52-21.jpg
月の満ち欠けは、太陽との位置関係によるもので、日暮れに西の空にある月は、このような月になります。
DSC_00052011-04-07_18-47-242011-04-07_18-47-23.jpg
天の空を見ていると、想像がふくらみ、わくわくします。

桜の開花。

 2011-04-11
週末、アトリエの桜がようやく開花。
DSC_00132011-04-11_08-07-422011-04-11_08-07-42.jpg
例年は、徐々につぼみが赤く膨らんで開花していくのですが、今年は、一気に開花。
DSC_00172011-04-11_08-11-282011-04-11_08-11-27.jpg
まだ、3分咲きくらいかもしれませんが、桜の花が咲くと春を感じます。
DSC_00202011-04-11_08-12-442011-04-11_08-12-43.jpg
これから、木場潟湖畔の桜トンネルも楽しみです。

朝もや。

 2011-04-12
今朝は冷え込み、木場潟の湖面から湯気が。
DSC_00412011-04-12_05-53-082011-04-12_05-53-08.jpg
風もなく、湯気が漂い。
DSC_00452011-04-12_05-54-442011-04-12_05-54-44.jpg
春のグラデーションです。
DSC_00532011-04-12_05-56-462011-04-12_05-56-46.jpg
春分の日も過ぎ、日の出の位置は、東をもっと過ぎた位置にまで。
DSC_00632011-04-12_05-58-302011-04-12_05-58-30.jpg
これからは、早朝散歩が楽しみです。

桜トンネル。

 2011-04-13
木場潟湖畔の桜トンネルも、一気に満開に。
DSC_00802011-04-13_06-57-582011-04-13_06-57-58.jpg
下枝が伐られ、やや寂しくなりましたが、満開の桜の木の下を歩くのは気持ちよいです。
DSC_00742011-04-13_06-51-202011-04-13_06-51-20.jpg
早朝から、桜見かたがた、多くの人が歩いています。
DSC_00752011-04-13_06-53-322011-04-13_06-53-31.jpg
脇を流れる水路にも、桜並木の影が。
DSC_00542011-04-13_06-31-062011-04-13_06-31-06.jpg
陽気に誘われ、昼には多くの人が訪れるのでは。

チューリップ

 2011-04-14
春の花と言えば、桜の次がチューリップ。
DSC_00062011-04-14_08-21-422011-04-14_08-21-42.jpg
桜の花は、樹全体に花を付け絢爛なイメージがありますが、
DSC_00012011-04-14_08-18-462011-04-14_08-18-46.jpg
チューリップは、大ぶりな花ながらも、一つ一つ花の存在感があり華やかです。
DSC_00022011-04-14_08-19-282011-04-14_08-19-27.jpg
いずれの花も咲き始めると、北陸の暗い冬から解放された気持ちになります。
DSC_00032011-04-14_08-19-542011-04-14_08-19-54.jpg
花を見て、穏やかな気持ちを取り戻したいです。

湖面に映る桜並木。

 2011-04-15
一昨日の桜トンネルの対岸からの風景。
DSC_00092011-04-14_09-19-042011-04-14_09-19-02.jpg
昨日、風もなく桜並木が湖面に映り、穏やかな春の日和。
DSC_00022011-04-14_09-14-422011-04-14_09-14-41.jpg
水鳥が鏡のような水面を打ち消すかのように泳ぎ、春の陽気を満喫しています。

夜桜。

 2011-04-16
アトリエの桜も満開に。
DSC_00622011-04-15_19-12-582011-04-15_19-12-44.jpg
夕闇の頃、ライトアップして。
DSC_00632011-04-15_19-14-362011-04-15_19-14-18.jpg
朧月と桜と陶器の灯篭。
DSC_00762011-04-15_19-23-242011-04-15_19-23-05.jpg
つかの間の幽玄な雰囲気でした。

春の湖畔。

 2011-04-17
今朝は、無風の晴れ渡る気持ちのよい木場潟湖畔です。
DSC_00642011-04-17_06-12-482011-04-17_06-12-48.jpg
白山を背景にする木場潟も良いのですが、木場潟に架かる五郎座橋の上からの景色もいいものです。
DSC_00692011-04-17_06-15-162011-04-17_06-15-16.jpg
ヤナギや桜の淡い色が湖面を彩っています。
DSC_00482011-04-17_06-02-502011-04-17_06-02-50.jpg
数年前から植込み出した枝垂れ桜も少しづつ風景に。
DSC_00542011-04-17_06-06-042011-04-17_06-06-03.jpg
来週は、散桜の見ごろかな。

 2011-04-18
桜やチューリップの花に気を取られていたら、木々の芽も吹きはじめてきました。
DSC_00842011-04-17_06-59-322011-04-17_06-59-31.jpg
夏ツバキの芽がキラキラと。
DSC_00832011-04-17_06-59-162011-04-17_06-59-15.jpg
葉の広がってゆく姿は、新しい季節を感じさせてくれます。
DSC_00552011-04-18_08-18-142011-04-18_08-18-12.jpg
カツラの葉も。
DSC_00512011-04-18_06-52-422011-04-18_06-52-40.jpg
例年より早く、ハナミズキの花の芽もつきはじめました。
いい季節です。

散桜

 2011-04-20
満開の桜の花も、散り始めました。
DSC_00182011-04-19_08-54-542011-04-19_08-54-52_20110421083507.jpg
10日ばかりの演出でした。
DSC_00022011-04-19_08-41-402011-04-19_08-41-39_20110421083506.jpg
赤いボルボに花びらの模様が似合います。
DSC_00162011-04-19_08-54-042011-04-19_08-54-03_20110421083505.jpg
フロントガラスにも。
DSC_00102011-04-19_08-49-022011-04-19_08-49-01_20110421083649.jpg
桜はパッと咲き、さっと散る。
これが日本人を魅力するのでしょう。
どこかの首相のように、咲きもしないし、散りもしないのとは違って。

2眼レフカメラ。

 2011-04-21
久しぶりのコレクションの話です。
DSC_00252011-04-03_11-22-182011-04-03_11-22-16.jpg
先日、「大人の科学」に付いていた2眼レフカメラを組み立てました。
組み立ててみると、2眼レフカメラの仕組みが、良く分かります。
DSC_00192011-04-03_11-05-242011-04-03_11-05-24.jpg
ついでに、父から譲ってもらった2眼レフカメラも一部バラしてメンテナンス。
DSC_00222011-04-03_11-17-542011-04-03_11-17-54_20110421084352.jpg
アンティークカメラからデジタルカメラまで、わずかですがコレクションしていますが、やはりアンティークカメラはカチッとしていていいです。
レンズを通していろんなものを写してきたカメラ達を眺めていると、フィルムカメラに再びハマりそうです。
DSC_00902011-04-12_06-29-322011-04-12_06-29-32.jpg
オマケ。
愛用のポシェットです。

ピンバッチ

 2011-04-22
引き続き、コレクションもの。
最近ハマっているものの一つにピンバッチがあります。
DSC_00182011-04-21_08-33-342011-04-21_08-33-33.jpg
根津美術館で買った、「春日山蒔絵硯箱」に描かれている鹿をモチーフにした鹿のピンバッチ。
ピンバッチを付けるきっかけとなったものです。
DSC_00192011-04-21_08-34-582011-04-21_08-34-58.jpg
Y婦が、ある展覧会に行った時のお土産で、チェロのピンバッチ。
芸大美術館ミュージアムショップにも販売しているもの。
DSC_00202011-04-21_08-36-062011-04-21_08-36-04.jpg
しいのき迎賓館で買い求めた純銀製の琵琶のピンバッチ。
弦まで張られています。
純銀製だけあって高価なものですが、プライスダウンで安く手に入りました。
DSC_00242011-04-21_08-41-022011-04-21_08-41-02.jpg
ルーシー・リー展に行ったとき、記念として買ったピンバッチ。
どれもが、美しくできていて、胸に飾っていると、嬉しくなります。
またひとつ、コレクションが増えました。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)

道草

 2011-04-23
足元にも春は来ています。
DSC_00072011-04-21_08-21-342011-04-21_08-21-33.jpg
最近、よく見かけるムスカリ。
別に植え込んだわけでもないのに、群生し、足元を彩ってくれています。
DSC_00142011-04-21_08-28-542011-04-21_08-28-52_2.jpg
白いイカリソウ。
花の形が舟の錨(いかり)に似ていることから付けられた名前で、純白のきれいな花です。
DSC_00112011-04-21_08-27-082011-04-21_08-27-07.jpg
ご存知、スミレです。
DSC_00112011-04-18_13-06-462011-04-18_13-06-45.jpg
スミレには、三角形の葉や、丸い葉など、いく種類もあり、アトリエの片隅にひっそりと咲いています。
これからの散歩、本当に道草しそうです。
カテゴリ :野草 トラックバック(-) コメント(0)

散花の後。

 2011-04-24
花びらが散ってしまっても、よくよく観察すると見所がいっぱいあります。
DSC_00012011-04-22_06-26-162011-04-22_06-26-15.jpg
ハクモクレンの花の残った部分です。
とても造形的です。
DSC_00032011-04-22_06-27-322011-04-22_06-27-32.jpg
桜の花の残った部分です。
近づいてみると、2度目の花が咲いているようです。

花の役目を終え、次の役目を順番に成長してゆく植物の姿は、教示的でもあります。
カテゴリ :樹木 花 トラックバック(-) コメント(0)

朴の木の葉

 2011-04-25
何度か紹介している、朴の木の開葉です。
DSC_00072011-04-24_07-01-282011-04-24_07-01-28.jpg
はじめて朴の木の開葉を見たとき、花と見間違えてしまうほど、美しく感じました。
DSC_00062011-04-24_07-00-362011-04-24_07-00-35.jpg
以来、この季節、この開葉を見ることが楽しみです。
DSC_00042011-04-24_07-00-082011-04-24_07-00-07.jpg
同じ時期に同じ形をして開いてゆく植物の不思議さは、形もさることながら美しいものです。
カテゴリ :樹木 葉 トラックバック(-) コメント(0)

点訳本。

 2011-04-26
Y婦が一年かけて、コツコツ打ってきた、点字訳本が製本されてきました。
DSC_00052011-04-26_10-50-022011-04-26_10-50-01.jpg
延べ250ページもある、努力の成果本です。
DSC_00102011-04-26_10-52-462011-04-26_10-52-46.jpg
原本は、お世話になっている、廣岡洋子先生の「時の風」です。
DSC_00142011-04-26_10-54-502011-04-26_10-54-48.jpg
毎日、点筆で一文字一文字打ち込み、
DSC_00032011-04-26_10-47-402011-04-26_10-47-40.jpg
廣岡先生の思いのこもった著書を、Y婦も思いをこめて打ち込んだこの点訳本。
近く、小松市立図書館に蔵書されます。
多くの目の不自由な方に、読んでいただければ。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(3)

ハナミズキ

 2011-04-27
アトリエのハナミズキが見ごろをむかえています。
DSC_00152011-04-27_08-54-162011-04-27_08-54-15.jpg
薄ピンクの花は、とても可愛く。
DSC_00162011-04-27_08-54-302011-04-27_08-54-30.jpg
春の色です。
DSC_00192011-04-27_08-55-222011-04-27_08-55-21.jpg
紅いハナミズキもカツラの葉とコラボレーションし、アトリエの春を彩っています。
カテゴリ :樹木 花 トラックバック(-) コメント(0)

コナラの樹の成長。

 2011-04-28
アトリエには、西暦2000年を記念して植えたコナラの樹があります。
DSC_00092011-04-27_08-51-562011-04-27_08-51-56.jpg
ヒョロヒョロの1mくらいの苗木を10本買ってきて、自分でトントンと植えた樹です。
DSC_00062011-04-27_08-50-202011-04-27_08-50-20.jpg
11年経ち、今では6mを超えるくらいに成長し、今年も芽吹き始めました。
DSC_00022011-04-27_13-30-082011-04-27_13-30-07.jpg
今年はさらに成長し、夏には大きな木陰を作ってくれるでしょう。
楽しみです。
でも、落葉が大変ですけれども。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(1)

始動。

 2011-04-29
木場潟湖畔周辺の田んぼに水が張られ、いよいよ農作の開始です。
DSC_00282011-04-27_10-12-562011-04-27_10-12-55.jpg
トラクターが、エンジン音をたて、田起しを。
DSC_00302011-04-27_10-13-222011-04-27_10-13-21.jpg
連休あたりに、一気に田植えになるのかな。
これからは、緑が広がるライステラスが楽しみです。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

青い麦畑

 2011-04-30
木場潟湖畔の周辺は、田んぼばかりではありません。
毎年記事にしている麦畑も。
DSC_00252011-04-29_06-20-542011-04-29_06-20-54.jpg
黄金色の麦秋も良いのですが、鮮やかな青い麦畑も良いです。
DSC_00342011-04-29_06-26-422011-04-29_06-26-42.jpg
麦穂はいつ見ても美しく、
DSC_00392011-04-29_06-28-542011-04-29_06-28-54.jpg
グラスファイバーでできているようです。
DSC_00412011-04-29_06-33-522011-04-29_06-33-51.jpg
食用も良いけど、生け花に使われたら、凛としたものになるに違いないような気がします。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。