夜空ノムコウ。

 2010-12-02
昨晩、寝る前に外に出たらとてもきれいな星が。
DSC_00562010-12-02_05-53-542010-12-02_05-53-33.jpg
翌朝、まだ暗いうちに木場潟湖畔へ。
DSC_00372010-12-02_05-21-322010-12-02_05-20-43_1.jpg
澄み切った夜空には、沢山の星が。
DSC_00682010-12-02_06-02-482010-12-02_06-02-42.jpg
少しずつ、朝に。

ぬれ落ち葉。

 2010-12-03
ならないように。
DSC_00042010-11-30_07-53-462010-11-30_07-53-46.jpg
ならないように。
DSC_00022010-11-30_07-53-182010-11-30_07-53-17.jpg
もうなっているか。

掲載誌。

 2010-12-09
地元の情報誌で建築家の紹介コーナーがなくなり、出番が少なくなりましたが、おかげさまで、今年もいくつかの企業PR誌等で紹介していただきました。
DSC_00022010-12-09_10-16-182010-12-09_10-16-16.jpg
先日から、北陸3県で無料配布されている北陸電力のPR誌「えるふぷらざ」に昨年完成したT邸を掲載していただきました。
電力会社のPR誌だけあって、オール電化の良さを伝える記事となっています。
いい記事です。ぜひ一度目をお通しくだされば嬉しいです。
DSC_00012010-12-09_10-27-322010-12-09_10-27-32.jpg
同じく、T邸の紹介。
これも、北陸3県で出版されている「家づくりナビ」での掲載です。
「灯り」についての記事となっています。
DSC_00022010-12-09_10-22-542010-12-09_10-22-54.jpg
いつも、イベントに参加させていているアーキテクトスタジオジャパン(ASJ)のPR誌「A-Style]にも。
今年8月の出版でした。
家楽舎HPに紹介の「コートハウス」の紹介です。

おかげさまで、経費をかけず紹介していただくことは、弱小個人設計事務所にとってとてもありがたいことです。
お家を建てられるご予定のお有りの方、気に留めていただければ嬉しいです。

シトロエン2CV

 2010-12-10
長年乗ってきたY婦の車を乗り換えることになりました。
DSC_01202010-12-08_16-00-202010-12-08_16-00-20.jpg
車は、シトロエン2CVの生産された最後の年の1990年の車です。
DSC_00982010-12-08_15-31-002010-12-08_15-31-00.jpg
Y婦が乗りだしてからは12年ですが、20年間走り続けた文化財的な車です。
DSC_01002010-12-08_15-31-442010-12-08_15-31-43_20101210080909.jpg
まだまだ乗れそうですが、交換部品が品薄になり、ここらで思い切って。
次のオーナーは、いつもメンテナンスしてくださっている、S自動車社のTさんなので、これからも大切にしてくださるそうなので、ひとまず安心です。
DSC_00102010-12-10_08-13-202010-12-10_08-13-20.jpg
ちなみに、このシトロエン2CV、ルパン3世の「カリオストロ城」でクラリスが乗っていた車です。
次の車は、今週末に届くそうです。
どんな車でしょうかね?

これまでに記事にした主なブログ
シトロエン2CVのグッズ
車のデザイン

フィアット500

 2010-12-12
待望の新しい車がきました。
DSC_00282010-12-12_13-20-562010-12-12_13-20-56.jpg
今度は、イタリア車のFIATです。
DSC_00322010-12-12_13-43-042010-12-12_13-43-04.jpg
中も、お洒落です。
DSC_00062010-12-12_14-16-242010-12-12_14-16-23.jpg
そうです、ルパン三世の乗っているフィアット500(チンクェチェント)です。
フィアット500としては3代目のデザインです。
DSC_00252010-12-12_13-17-002010-12-12_13-17-00.jpg
仲良く、フランス・イタリア・スウェーデンの車が勢ぞろい。
これからは、Y婦の足となって走り続けることを願って・・・。

光が差す。

 2010-12-16
景色はすっかり冬の風景になりました。
DSC_00012010-12-15_11-47-102010-12-15_11-47-10.jpg
鉛色の空に、時折日が差し、枝についた雨滴がきらきらし、明るさを感じます。
DSC_00022010-12-15_11-47-202010-12-15_11-47-19.jpg
夏のように、当たり前に太陽の日差しがあるのと違い、冬のつかの間の太陽は、なぜか心を安らげてくれます。
DSC_00042010-12-15_11-47-302010-12-15_11-47-30.jpg
大変な毎日の中にも、一つ楽しみがあれば、喜びも大きく感じます。
それが、本当に「光が差す」ということなのかな。

来年に向けて。

 2010-12-17
写真を撮ったり、コンサートや大人の修学旅行に行ったり、パーティーをしたりしていて、いつ仕事をしているのかと、よく言われます。
DSC_00012010-12-17_07-58-462010-12-17_07-58-45.jpg
仕事も、おかげさまで、なんとかさせていただいております。
03正面外観(縮小)
今年は、新築5件、リフォーム3件無事に完成いたしました。
03ポーチ-2(縮小)
今は、来年に向け、一つ一つ検討しながら設計を進めています。
03内観02(縮小)
この住宅、来年夏ごろ完成予定の平屋住宅です。
完成が楽しみです。

虹の架け橋。

 2010-12-18
昨日の午後、仕事中窓の外を見たら、大きな虹が。
DSC_00012010-12-17_15-13-482010-12-17_15-13-48.jpg
虹は大きすぎて、カメラには全体が収まりません。
DSC_00072010-12-17_15-16-502010-12-17_15-16-50.jpg
五郎座橋に架かる虹の架け橋です。

幻日

 2010-12-21
明日は冬至。
DSC_00072010-12-21_07-59-062010-12-21_07-59-06.jpg
日が一番短い日でもありますが、白山に一番近寄ったところからの日の出でもあります。
DSC_00052010-12-21_07-58-542010-12-21_07-58-54.jpg
早朝くっきりと晴れていましたが、しばらくすると薄雲が広がり、幻日のように。
DSC_00122010-12-21_07-59-542010-12-21_07-59-53.jpg
北陸の冬はあまり日の出を拝むことができませんが、白山に近い所から昇る日はやはりいい風景です。

感動十景

 2010-12-24
美しい東海・北陸・信州を旅する中部広域観光オフィシャルマガジン「感動十景」の冬号に木場潟が紹介されました。
DSC_00042010-12-24_08-00-002010-12-24_07-59-59.jpg
というより、この「感動十景」での写真に、私の写真が紹介されました。
とても嬉しいです。
DSC_00092010-12-24_08-02-242010-12-24_08-02-24.jpg
この「感動十景」、中部9県の観光課、道の駅、観光協会や新幹線駅、羽田空港、私鉄、ホテル等に配布されるもので、木場潟を多くの人に知ってもらう絶好の冊子です。
DSC_00082010-12-24_08-01-462010-12-24_08-01-45.jpg
今年は、「道の駅こまつ木場潟」のエントランスに写真パネルを展示してもらったりして、木場潟の良さをいろんな形で発信できて嬉しいかぎりです。
これからも、地道に木場潟の素晴らしさを、多くの人に伝えていきたいです。

雲と光のコラボレーション

 2010-12-25
天候の不安定な時の空は、いろんな表情を見せてくれ、感動します。
DSC_00212010-12-24_08-04-542010-12-24_08-04-52.jpg
東の空には朝日が出ていますが、雨雲が遮り、光の筋が走り、雲の端は光の輪郭が。
DSC_00272010-12-24_08-06-022010-12-24_08-06-01_20101224084213.jpg
あっという間の雲と光のコラボレーションです。
DSC_00322010-12-24_08-06-262010-12-24_08-06-25.jpg
何気に見ている風景でも、写真に収めれば楽しいものです。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント