スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大人の修学旅行2017年3月

 2017-03-19
今回の大人の修学旅行は「多治見モザイクタイルミュージアム」
設計は藤森照信。
DSC_1112 (800x450)
タイルは土からつくられることから、土の山の断面と採掘のために地面が掘られていることを表した外観。
DSC_1055 (800x540)
強烈なデザインです。
お山には木も生えています。
DSC_1061 (800x674)
土塗風の壁には茶碗やタイルの破片が埋め込まれています。
DSC_1110 (800x528)
小さな入り口は愛嬌たっぷり。
DSC_1076 (800x575)
中での順路は、いきなり最上階の4階へと。
目に飛び込んでくるものは、クモの巣のようなもの。
DSC_1083 (800x519)
良く見ると、モザイクタイルの連鎖。
DSC_1086 (450x800)
モザイクタイルの壁画に、テーブルにスツール。
DSC_1087 (800x525)
見ていて楽しいです。
DSC_1078 (490x800)
コンセプトが崩れず上手く作られています。
DSC_1089 (800x486)
階下に降りると、モザイクタイルの見本市。
DSC_1096 (800x771)
並べられたものを見ていると、設計に取り込みたくなります。
DSC_1068 (800x592)
1階の壁はボーダーになっていますが、良く見るとグレー部はコンクリート打ち放し、白部はコンクリートを凹ました上に漆喰。
品のある仕上です。
DSC_1104 (600x800)
大人の修学旅行では、これまでに神長官守矢資料館・高過庵・空飛ぶ泥舟・秋野不矩美術館・ねむの木子供美術館・たねやラコリーナと藤森照信の作品を見て廻っています。
どれもがインパクトがあって感服します。
普段建築の仕事をしていると型にはめ込まれた「建築」というカテゴリーに縛られており、フジモリ建築を見ていると、いつもこれでではイカンと感じます。
この刺激、次の設計に取り込みたいです。
スポンサーサイト
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(2)

大人の修学旅行2017年2月(その3)

 2017-03-03
今回は横浜ランドマークタワーの真下にある「旧横浜船渠株式会社第二号船渠(ドック)」。
2017-02-27 009 (800x531)
建築物と言うより土木工作物。
2017-02-26 021 (800x533)
石積みされた深さ約10メートルの船を修理するために造られたドック。
民間最古のドックで近代遺産にも選ばれたもので、ローマのコロセウムを思い浮かべそうなもの。
2017-02-27 007 (800x506)
建築を設計することは一般的に地上に現れるものですが、これは反対に掘られたもの。
図と地の関係のようなもの。
どのように建造されたか興味深いです。
2017-02-26 027 (800x526)
このドックに石膏やウレタンを流し込んで裏返して地上に置くと面白いものが立上りそうです。
さらにもうひとひねりイメージして、建築物を逆さにして石膏やウレタンに押し込んで出来上がった形ではどんな建築が面白いか。
国立代々木競技場なんかは面白そうです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2017年2月(その2)

 2017-03-02
今回は神奈川県立音楽堂と図書館。
設計は前川国男。
2017-02-26 076 (800x524)
建設されたのは1954年。私と同い年です。
2017-02-26 122 (800x534)
建物はL字型で音楽堂と図書館とがつながれています。
2017-02-26 119 (800x533)
プロポーションはとても軽妙です。
2017-02-26 057 (800x533)
外壁や屋上手摺に穴あきブロックを使い軽妙さを作り出しています。
2017-02-26 065 (800x533)
渡り廊下の床スラブはリブ状のスラブにして梁を無くしています。
2017-02-26 116 (800x533)
穴あきブロックの壁面の表情がやさしくなって。
2017-02-26 060 (800x533)
直射の光を遮り、風を通す、格子やルーバーの役割をしています。
2017-02-26 114 (800x521)
音楽堂内部のホワイエは上階のホール座席の勾配に合わせて壇上に。
2017-02-26 094 (800x533)
60年経っても県民に愛され続けられる名建築です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2017年2月(その1)

 2017-03-01
今回は、横浜市庁舎。
設計は村野藤吾。
2017-02-27 052 (800x530)
見どころは、柱と梁をグリッドに見せ、茶褐色のタイルで面を作ったところ。
世界平和記念聖堂や、解体で騒がれた八幡市立図書館の当時の村野藤吾の手法の一つです。
2017-02-27 012 (800x513)
面は単調にならないように窓やバルコニーの凹を配置し、リズミカルなファサードを作り出しています。
また柱は上階につれ、断面が小さくなっています。
2017-02-27 013 (800x533)
存在感とインパクトがあって、品が感じられる建物です。
2017-02-27 037 (800x513)
中のホールは2層吹き抜けで一面は装飾画タイルです。
作は辻晋堂。建設年が1959年で約60年前で時代を感じさせてくれる装飾タイル画です。
2017-02-27 040 (800x533)
階段は後の村野藤吾のデザインに結びつく、軽快につくられています。
2017-02-27 029 (800x524)
この大人の修学旅行は、カテゴリー分けをしてから101回目です。
村野藤吾作品では、谷村美術館、兵庫県立近代美術館(現:原田の森ギャラリー)、小山敬三美術館、八ヶ岳美術館。
箱根プリンス、箱根樹木園休息所、宝塚カトリック教会。
千代田生命本社ビル(現目黒区総合庁舎。)、宝塚市庁舎。
そして今回の横浜市庁舎を見て廻りました。
心に残る建築ばかりです。
先程の八幡市立図書館や谷口吉郎のホテルオークラなど、時代と共に姿を消してゆく運命の名建築が数多くあります。
今のうちに私の中での記憶に残しておきたく、少しでも多く名建築を見ておきたいです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2016年9月(その1)

 2016-09-11
御殿場にある岸信介の自邸。
設計は吉田五十八。
2016-09-07 063 (640x427)
村野藤吾、吉村順三、白井晟一に並ぶ近代建築の数寄屋建築における四大建築家の一人。
2016-09-07 078 (640x425)
線の構成によるディテールを洗練させた建築家。
2016-09-07 080 (640x426)
普通は竹などで作られるすだれをアルミパイプで。
2016-09-07 028 (640x427)
それぞれの部材寸法を細くしてすっきりとした数寄屋建築に。
2016-09-07 034 (640x426)
美しいです。
2016-09-07 024 (640x427)
和室と庭との取り合いもさすがです。
2016-09-07 048 (640x427)
こちらはダイニング。
2016-09-07 056 (640x426)
障子戸を開放すると額に収まったような庭が正面に。
2016-09-07 058 (640x426)
その時代にこのような大胆な仕掛けは見事です。
2016-09-07 043 (640x426)
一方で居間は骨太の仕上。
吉田五十八の晩年の建築美学の到達点の建築です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2016年9月(その2)

 2016-09-11
旧岸邸に隣接してある「とらや工房」。
2016-09-07 081 (640x427)
設計は内藤廣。
2016-09-07 086 (640x427)
格子にポリカボネート板を乗せた湾曲したキャノピー。
2016-09-07 087 (640x427)
庭を囲むかのようなアプローチは気持ちの良い空間です。
2016-09-07 084 (640x426)
建物は和菓子工房と飲食スペース。
2016-09-07 083 (640x427)
外部空間と内部空間を上手くつなげた建築です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行 2016夏八ッ場ダム

 2016-08-16
夏休み、Y婦の故郷、群馬県の長野原町へ。
DSC_0009_2016081615283784c.jpg
何度か紹介をしている八ッ場ダム。
DSC_0024_2016081615205264f.jpg
毎年、お盆と正月に見学に。
DSC_0027_201608161522290e9.jpg
少しずつ工事の様子が見えてきました。
八ッ場ダム1
グレーに塗りつぶされたところがコンクリート壁になり、ダムに。
DSC_0028_20160816152925c6a.jpg
壮大な計画です。
DSC_0012_20160816152050ef9.jpg
茶色の工作物はダムをつくるためのコンクリートプラント工場。
現地でコンクリートを調合します。
DSC_0031.jpg
鉄橋に見える茶色の管は近くの山を採掘してコンクリートに混ぜる砕石を運ぶコンベア。
この鉄橋は川原湯温泉付近のJRの鉄橋、下は川原湯温泉駅跡。
温泉街そのものがダム湖底に。
DSC_0016.jpg
一方で、ダム下流にある「吾妻峡」の風景。
DSC_0017_20160816152125e32.jpg
紅葉がきれいな渓谷です。
DSC_0020_2016081615262005e.jpg
自然環境と人工物。
人間の都合で自然がどんどん失われて行くような気がします。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(2)

大人の修学旅行2016年2月(その2)

 2016-02-10
代官山ヒルサイドテラスへ。
2016-02-06 096 (533x800)
設計は槇文彦氏で1969年から30年の間に6期にわたり街並みを作ってきた店舗を持つ複合集合住宅。
2016-02-06 090 (533x800)
1期の時は用途地域が第一種住居専用地域であり店舗が認められない地域であったが、地域性を考え店舗が必要と行政との折衝で実現した店舗複合集合住宅。
2016-02-06 093 (800x533)
学生時代の低層住宅の設計課題の際に参考にと、良く見学に行ったものです。
2016-02-06 091 (800x533)
三層の建物で、高低差を利用して、路地や広場を上手く配置し、スケール感の良い建物が素晴らしい街並みを作っています。
2016-02-06 099 (533x800)
ザハ・ハイデッド氏の新国立競技場案の際に、スケールが東京都心のスケールではないと異を唱えた槇文彦氏。
この原点が、このヒルサイドテラスにあるような気がします。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2016年2月

 2016-02-09
今回の大人の修学旅行は、目黒区総合庁舎。
設計は村野藤吾。
2016-02-06 069 (800x527)
以前は、千代田生命の本社ビルとして使われていたもの。
2016-02-06 068 (800x533)
外観はアルミキャストの格子を組み合わせ、「光を跳ね返すのではなく、吸収する」美しい様相。
2016-02-06 088 (523x800)
車寄せのキャノピー(庇)は軽やかに。
2016-02-06 082 (800x533)
ディテールもきれいです。
2016-02-06 011 (800x533)
内部に入るとエントランスホール。
2016-02-06 010 (800x532)
大きな窓はなく、低い位置の窓。
床の石張りの光沢に光が反射し明るい空間に。
2016-02-06 017 (800x533)
天井にはガラスモザイクが施された天窓。
作野旦平の作品。
2016-02-06 023 (533x800)
見ごたえは、中央のらせん階段。
2016-02-06 037 (800x519)
3層の吹抜を曲線がつながり、宙に浮いたように見せています。
2016-02-06 066 (800x533)
今回入ることが出来ませんでしたが茶室も。
土庇の薄さは、おどろきです。
外観ファサード、光の取り入れ方、らせん階段、茶室の庇。
どれもが村野藤吾が苦心しているテーマが伝わる、名建築の一つです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(2)

大人の修学旅行2015年6月

 2016-01-16
昨年、東京の「ちひろ美術館」へ。
2015-06-13 079 (640x427)
安曇野にある「ちひろ美術館」へは2度ほど見学してきていますが、東京の「ちひろ美術館」は今回初めて。
2015-06-13 093 (640x427)
設計は、二つとも内藤廣。
2015-06-13 097 (427x640)
天井が低く抑えられ、中庭やテラスの外部空間とのつながりがとても気持ち良い空間になっています。
2015-06-13 101 (640x427)
大げさにつくられていないとても良い美術館です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2015年6月

 2016-01-15
2015年6月に上野の森を久しぶりに歩いて。
2015-06-12 028 (640x427)
「国立西洋美術館」。
設計はル・コルビュジェ。
2015-06-12 031 (427x640)
基本設計案はコルビュジェであるが、実施設計は弟子の前川国男、坂倉順三、吉阪隆正。
そうそうたるメンバーです。
2015-06-12 032 (427x640)
コルビュジェと言えば、サヴォア邸に代表される白い箱の建物ですが、外壁に小石を埋め込んだプレキャストの板の外観は、素材感があり、存在感もある。
2015-06-12 029 (640x403)
数年前にリニューアルされ、日本での唯一のコルビュジェ建築。
2015-06-12 033 (415x640)
宝の近代建築です。
大切にしなければ。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(2)

大人の修学旅行2015年8月

 2016-01-13
昨年2015年に訪ねた「群馬音楽センター」
2015-08-14 005
設計はアントニン・レーモンド。
2015-08-14 003
建物の構造は鉄筋コンクリートの折版構造。
2015-08-14 035 (640x427)
いわゆる折り紙のように作られた構造。
2015-08-14 060 (640x427)
建てられたのは1961年。内装の感じは当時のデザインですが、空間の力強さは今も健在。
2015-08-14 075 (640x419)
前川国男や吉村順三などの建築家がレイモンド事務所から育ち日本現代建築の原点でもあるようです。
2015-08-14 080 (640x413)
建物内には「レイモンドギャラリー」。
いい資料がそろっています。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2016年1月(その2)

 2016-01-07
長野県小諸市の「懐古園」にあるもう一つの名建築。
2016-01-03 018 (640x427)
「島崎藤村記念館」。設計は谷口吉郎。
2016-01-03 021 (640x427)
岐阜県中津川馬篭の「藤村記念堂」は良く知られていますが、こちらも藤村にかかわる名建築。
2016-01-03 022 (640x427)
軒を深くした、木造平屋。
2016-01-03 024 (640x427)
シンプルにつくられたいい建築です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(2)

大人の修学旅行2016年1月(その1)

 2016-01-06
長野県小諸市の「懐古園」にある「小山敬三美術館」。
2016-01-03 030 (640x427)
設計は村野藤吾。
2016-01-03 040 (427x640)
「地形を素直に受けて建てれば自然に壁面は曲がることになり、それに屋根を乗せれば建築になる。」
2016-01-03 032 (427x640)
「素朴でこの土地から生えてきたものにならないか。」
2016-01-03 031 (427x640)
以前に訪れたことのある「箱根樹木園」などの村野藤吾の代表的な手法の一つを表現。
2016-01-03 034 (640x427)
小さな美術館です、
2016-01-03 036 (427x640)
見どころの多い建築です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2015年5月

 2015-05-14
先日、近江八幡にできたバウムクーヘンのたねやのラコリーナへ。
2015-05-12 002 (800x533)
設計は、藤森照信。
2015-05-12 063 (800x533)
アプローチはやがて植生に覆われていくだろうのインパクトのあるアプローチ・
2015-05-12 008 (800x533)
屋根は、メッシュに埋め込まれた芝が張られ。
2015-05-12 062 (800x533)
少しづつ青く。
2015-05-12 010 (800x516)
屋根出窓が小気味よく。
2015-05-12 015 (800x533)
コリドーはいかにも藤森風に。
2015-05-12 016 (800x533)
高さが抑えられた、いい空間です。
2015-05-12 061 (533x800)
室内に入ると、アッと驚く空間。
2015-05-12 026 (533x800)
明るい吹抜け。
2015-05-12 025 (800x533)
天井のゴマのような模様は。
2015-05-12 048 (800x533)
なんと!
2015-05-12 024 (800x533)
炭の破片。
2015-05-12 032 (800x533)
カフェも。
2015-05-12 044 (800x533)
不思議なオブジェの照明器具。
フジモリ建築全開です。

カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(1)

大人の修学旅行2014年秋4

 2014-11-01
伊勢参りの帰りは京都国立博物館へ。
2014-10-29 220 (800x521)
今年9月に開館した建築。
設計は谷口吉生。
2014-10-29 218 (800x533)
豊田市美術館や東京国立博物館法隆寺宝物館など、これまでの谷口吉生の建築を組み合わせたようなデザイン。
2014-10-29 224 (526x800)
それでも美しいです。
2014-10-29 234 (533x800)
今月は、谷口吉郎・谷口吉生展(金沢が育んだ二人の建築家)が金沢市民芸術村で開催されます。
2014-10-29 239 (514x800)
ホテル東京オークラのロビーと京都国立博物館。
立て続けに見た親子設計した建築。
頭の中で整理したいです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(2)

大人の修学旅行2014年秋伊勢神宮2

 2014-11-01
外宮の次は内宮へ。
2014-10-29 096 (533x800)
五十鈴川にかかる宇治橋前の宇治橋鳥居に朝日が。
2014-10-29 109 (800x510)
手水舎で手と口をすすぎ一の鳥居へ。
2014-10-29 131 (533x800)
新しくなった正宮で参拝。
2014-10-29 188 (533x800)
風日祈宮橋。森の中に吸い込まれてゆくようです。
2014-10-29 180 (800x533)
外宮の風日祈宮(かぜひのみや)。
森の中に鎮座しています。
2014-10-29 182 (533x800)
これも式年遷宮で、隣には完成間近の風日祈宮が。
2014-10-29 206 (800x533)
伊勢神宮は日本のこころです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2014年秋伊勢神宮1

 2014-11-01
今年還暦になり、伊勢参りへ。
2014-10-29 024 (800x516)
先ずは外宮から。
2014-10-29 072 (800x519)
昨年、式年遷宮が行われ、新しくなった正宮。
2014-10-29 016 (800x533)
これまで正宮があった隣の敷地には、小さな建物がポツリ。
2014-10-29 031 (800x534)
とても緊張感を覚えます。
2014-10-29 047 (534x800)
早朝の参拝で見かけた神職の朝のお勤め。
2014-10-29 063 (800x533)
一つ一つ別宮を回られています。
2014-10-29 146 (533x800)
式年遷宮が行われ、社は朽ちることなく継がれてゆきます。
すごい歴史です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2014年秋3

 2014-11-01
東京の3つ目は自由学園明日館。
2014-10-10 015 (800x536)
設計はフランクロイドライト。
2014-10-10 045 (800x537)
シンプルな外観の特徴的な窓のサッシュワークはライトのモチーフ。
2014-10-10 051 (800x537)
日が気持ちよく差し込みます。
2014-10-10 043 (800x537)
何年か前に補修工事がされましたが、今年から耐震補強工事が行われます。
このような記念的な建物は皆の支えで大切にしてゆかねばなりません。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2014年秋2

 2014-11-01
学生のころに見学し、以来の東京カテドラル聖マリア大聖堂。
2014-10-10 002 (800x537)
設計は丹下健三。
2014-10-10 006 (537x800)
聖堂内の空間は十字に。
2014-10-10 003 (535x800)
この縦長のスリット窓は南向き。
2014-10-10 012 (537x800)
見学した日は葬式が執り行われ、パイプオルガンと讃美歌合唱が響き、長時間にわたって荘厳な空間体験をしてきました。
南向きのスリット窓からの日差しが、時間とともに移ろい、ちょうど正午に一番大切なところを照らし。
丹下健三のすごさを改めて認識。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2014年秋1

 2014-11-01
今年の秋の大人の修学旅行の第一陣は東京へ。
2014-10-09 034 (800x527)
ホテル東京オークラのロビー。
谷口吉郎です。
2014-10-09 024 (800x537)
このロビーは、大好きな空間で何度も訪れたロビー。
2014-10-09 027 (800x537)
置かれている家具は長大作。
いい家具です。
2014-10-09 032 (537x800)
窓辺に組み込まれた「麻の葉」のデザインも見もの。
2014-10-09 026 (800x525)
1階ロビーに続く2階ロビーは逆吹き抜けで天井が低く。
この素晴らしい空間が東京オリンピックに向け解体され建て替えられるそうです。
また一つ失われる大切な建築で残念です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2014年春4

 2014-03-21
箱根プリンスから徒歩で15分くらいのところにある「箱根樹木園休息所」
2014-03-19 124 (800x533)
昭和天皇の来訪を念頭に建てられた休息所。
2014-03-19 125 (800x533)
地面からキノコが生えたような建築。
2014-03-19 129 (800x533)
残念なことに、茅葺屋根の一部が崩れ、今は全く使われていない。
2014-03-19 131 (800x533)
インテリアは心に残っていて、どうしても見たかった建築。
2014-03-21 003 (800x580)
名建築は今のうちに出来るだけ多く見ておかねばならないと実感。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(5)

大人の修学旅行2014年春3

 2014-03-21
大人の修学旅行2014年春のもう一つの建築は、「箱根プリンス」
2014-03-19 069 (800x521)
設計は村野藤吾。
2014-03-19 029 (800x533)
完成は1978年。私の学生時代のころ。
2014-03-19 091 (800x533)
今もお金がありませんが、完成当時はもっとお金の無いころ。
2014-03-19 094 (800x533)
遠い憧れの建築。
2014-03-19 120 (800x533)
ようやく実現した宿泊。
2014-03-19 015 (533x800)
完成後36年経過しても華やかさはそのもの。
2014-03-19 016 (800x533)
夢を叶えました。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2014年春2

 2014-03-21
もう一つ藤森照信の建築。
2014-03-18 119 (800x533)
秋野不矩美術館から30分くらいのところにある「ねむの木こども美術館どんぐり」
2014-03-18 127 (800x533)
森の中にどんぐりがあるようです。
2014-03-18 138 (533x800)
形がいいです。
2014-03-18 137 (800x533)
遊び心がいっぱいです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2014年春1

 2014-03-21
今回の大人の修学旅行は、再び藤森照信の建築めぐり。
2014-03-18 002 (800x505)
2011年に陶芸家夫妻と茅野市の「高過庵」を見学してから、次はどうしてもとの念願の藤森建築。
2014-03-18 067 (533x800)
秋野不矩美術館。
2014-03-18 058 (533x800)
素材がいいです。
2014-03-18 052 (533x800)
仕掛けがいいです。
2014-03-18 007 (534x800)
空間がいいです。

2014-03-18 103 (800x533)
フジモリワールドです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

北欧旅行記

 2014-02-01
昨年末、北欧旅行をしましたが、その旅行記が北陸中日新聞に掲載。
北欧寄稿(中日新聞) (1126x1280)
ブログでは写真がメインなのでコメントはいつも短くモニョモニョと。
今回は、北欧建築について一般の人にも分かり易くと四苦八苦。
前のブログ記事「大人の修学旅行北欧編」と合わせて読んでいただければ。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(3)

大人の修学旅行2013 フィンランド編10

 2013-12-23
最後にヘルシンキの街並みを。
2013-12-04 004 (2) (533x800)
クリスマスイルミネーションが飾られ、街は華やかに。
2013-12-04 006 (2) (533x800)
街なかを走るトラムも街の活気を。
2013-12-05 109 (2) (800x537)
北欧旅行の最後の夜。
2013-12-05 127 (2) (800x537)
良い思い出の修学旅行でした。
2013-12-05 165 (2) (800x537)
帰国の朝、急に降り出した雪。
2013-12-05 076 (2) (800x533)
雪の風景まで見れました。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(3)

大人の修学旅行2013 フィンランド編9

 2013-12-22
今回の大人の修学旅行の大半は建築研修旅行でY婦にお付き合いをしてもらったので。
2013-12-05 019 (2) (800x533)
Y婦のたっての希望のかもめ食堂も視察の一つとして。
2013-12-05 013 (2) (800x533)
季節が違うのか何か映画と違う雰囲気。
2013-12-05 006 (2) (800x533)
映画ではキッチンが奥にあったはずでしたが・・・。
帰国後、かもめ食堂のパンフレットと見比べると映画ではアアルトの白木の椅子であったり。
照明器具がもっとシンプルなものであったり。
2013-12-05 016 (2) (800x533)
それでも客は日本人ばかりのようでした。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行2013 フィンランド編8

 2013-12-21
教会建築は30年ほど前に欧州旅行の際に沢山見てまわりましたが、その後自分の設計にはあまり関係がないのでみませんでしたが、このテンペリアウキオ教会は一度と。
2013-12-04 285 (2) (800x528)
岩山をくりぬいたように。
屋根はコンクリートのリブがぐるりと一周。
2013-12-04 273 (2) (800x533)
光が全体に。
讃美歌演奏が流れるとてもいい教会です。
2013-12-04 018 (2) (800x533)
もう一つ、ヘルシンキ中央駅近くに建つカンピ静寂の礼拝堂。
2013-12-04 027 (2) (533x800)
外装も内装もすべて木製の木造建築。
天井と壁の隙間から曲面の壁に沿って光が落ち。
街中のにあって、まさしく静寂の礼拝堂。
これも光を上手く使った建築です。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(1)

大人の修学旅行2013 フィンランド編7

 2013-12-20
アアルト大学敷地内に建つオタニエミ礼拝堂。
2013-12-04 350 (2) (800x537)
森の中にひっそりとたたずむ学生のための礼拝堂。
2013-12-04 211 (2) (800x529)
木とレンガで出来たシンプルな礼拝堂。
2013-12-04 226 (2) (800x533)
窓の外に十字架。
安藤忠雄は水の教会の設計の際に参考にしたとも。
2013-12-04 221 (2) (528x800)
これも背面のサイドライトウィンドウからの光が柔らかく。
設計はヘイッキとカイヤ・シレン夫妻。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。