スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

第3回熟年塾

 2017-05-21
高校の同級生同士で講師・聴講生となって講座を開く第3回熟年塾が開かれました。
DSC_1113.jpg
今回の講師は、筒井弘之君。
タイトルは「粘土は沈む、トンネルを掘る」
DSC_1119 (1280x719)
長年土木に携わり、同級生に土木の知識と面白さをと。
DSC_1123 (1280x719)
普段地面の下のことに興味のなかったことを、分かりやすい解説で。
DSC_1130.jpg
20名の参加者で、同窓会と勉強会が同時にでき、よい時間を過ごすことが出来ました。
スポンサーサイト
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

熟年塾

 2017-05-15
60歳を過ぎて、高校の同級生と会話をしていると、それぞれがいろんな道のりを歩いてきて面白い話を聞きます。
仕事のこと、ボランティアのこと、趣味のこと。
ならば、まとまった話を聞こうと昨年から始まった熟年塾。
講師・聴講生は同級生同士。
109茶会1
第1回の熟年塾は茶会。
小松高校前の芦城公園内の仙叟屋敷での茶会。
茶に親しんでいる女子を中心とした同級生と、茶会には足を運んだことがない男子を中心とした同級生。
2016-10-15 135 (640x480)
緊張感がありながらも笑いありの茶会。
互いに良い経験が出来ました。
l_dbad22e3328f4032a51947d2adb1ec555fd4891e[1]
第2回は「金と銀」や「宮沢賢治と鉱物」でいろんなところで講師をしている四ヶ浦弘君。
l_fe0849c4210f9afb123b5c548e475e07948e8092[1]
彼のユーモア交える講義で、みんなガッパに。
(ガッパとは方言で憑りつかれた様に一生懸命になる)
元素記号の話で高校時代の記憶を浮かべながらの愉しい講義。
勉強になりました。
IMG_20170507_060421[1]
第3回目は、筒井弘之君の「粘土は沈む、トンネルを掘る」。
長年、土木技術に関わってきた専門的な話。
目からウロコの話を聴くことが出来そうです。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

今江潟

 2017-04-20
これまでにも何度か紹介をしてきた今江潟。
Facebookを始めたので、再度紹介。
2014021817312090e[1]
もし今江潟が干拓されなかったら木場潟以上の雄大な白山連峰を背景にした風景が見られたかも。
(合成写真です。)
ポイント
小松ICから片山津で抜ける道路は、かつての今江潟のど真ん中を通り抜けています。
(写真は今の風景です。)
過去・現在
かつては、今江潟、木場潟、柴山潟と3つの大きな潟があり加賀三湖と呼ばれていました。
埋め立て
昭和40年代頃、今江潟は全部、柴山潟は半分と干拓され、一番小さい木場潟のみが今の形をとどめています。
過去風景
今江潟は、生活の一部で、漁や舟運、娯楽に使われていました。
DSC_00042008-12-19_14-23-160001[1]
実は、干拓された農地は縁にある前川よりも低い位置にあり、堤防を取り除くと復活します。
経済も大切ですが、景観環境の復活も大切です。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

木場潟カヌー、オリンピック直前合宿-1

 2017-04-14
次回2020年の東京オリンピックのカヌー直前合宿でニュージーランドが来ることになっています。
前々回2008年の北京オリンピックの際に、フランス、ベルギー、アメリカ、日本が合宿を行いました。
北京の大気汚染を避けての合宿だったそうです。
カヌー合宿3
オリンピックに出場するだけあって、アスリートたちはかっこいいです。
中でも、グベル・マチュー選手。
フレンドリーで人気の的でした。
カヌー合宿4
パドルやウエアを見ると国がわかります。
カヌー合宿5
日本選手も。
カヌー合宿6
イケメンばかりです。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

木場潟カヌー、オリンピック直前合宿-2

 2017-04-14
撮影した写真をアスリートにプレゼントし、代わりにサインを。
カヌー合宿1
大切な宝物になりました。
カヌー合宿2 (1280x909)
それよりも、各国のアスリートたちが木場潟カヌー場の思いでとなる架け橋になれたことが何よりも嬉しいことです。
結果
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブロクアーカイブス

 2017-04-13

ブログを始めて10年。
木場潟湖畔のアトリエから、建築・風景・四季のうつろい・趣味等を、写真を通じて紹介してきました。
初めて会った方に「ブログを見ていますよ」とか「最近更新していませんね」とか挨拶され、そのような後押しがあって何とか続けてこられました。
ブログアーカイブも最初は数点のカテゴリーでの紹介のつもりでしたが、やってゆくうちに、面白くなり、あれもこれもと長いアーカイブになってしまいました。
kumisyasin
この際記念にと冊子にしました。
-20170412_114200-.jpg
-20170412_114643- (640x427)
数年前に木場潟の風景の写真集も刊行しました。
おかげさまで手元には殆どなくなりました。
実際に木場潟に足を運ばれて実感していただくのが一番いいと思います。
DSC_1039.jpg
代わりにこんな動画もアップしてあります。

木場潟の四季  https://www.youtube.com/watch?v=ox360bphoKA
新ふるさと人と人 https://www.youtube.com/watch?v=ZzsnKV9QY6k

これからも、熟年のライフワークとしてのんびりと続けてゆきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(花)

 2017-04-12
花は美しいです。
アトリエに咲く花の写真もありますが、大概はKcoガーデンへ遊びに行ってプレゼントされた花の写真です。
花アップ1
花アップ2
花アップ3
こちらは紫陽花。
彩りの花です。
紫陽花
アトリエから離れて昨年の砺波チューリップフェアの写真。
見ごたえあるチューリップです。
チューリップ
花には不思議な魅力があります。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(TOGO)

 2017-04-11
アトリエには、愛犬TOGO(藤吾)がいました。
生後しばらくしてアトリエの家族に。
TOGO2.jpg
TOGO1.jpg
2年足らずの命でしたが、癒しの毎日でした。
ありがとうTOGO.
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(住宅)

 2017-04-10
ブログで写真をたくさん撮っていますが、時々仕事をしているのかな?と。
設計事務所として独立したのは50歳の時。
これまでに小さなリノベーションも含めて100軒近く設計をさせていただきました。
完成写真1
完成写真2
完成写真3
完成写真4
夢と希望を持たれた施主と初めての打ち合わせから始まり、実現への設計。
工事現場へは足繁く通い職人さんと知恵を絞りながら完成した住宅。
施主の方から託され、全て全力で設計しました。
毎年暮れにはカレンダー配りをしながらほとんどの家に顔を出し、家族や住まいの様子を伺っています。
愉しく住んでいただいているかといつまでも思い続ける、私の大切な宝物ばかりです。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(大人の修学旅行)

 2017-04-09
大人の修学旅行でいろんな建築を見て廻りました。
建築家で一番多かったのは村野藤吾。
どれを見ても美しいです。
大人の修学旅行1
2番目は藤森照信。
発想を実現してゆく作品にいつも感心します。
大人の修学旅行2
国内の近代建築も数多く見て廻りました。
ル・コルビュジェ、丹下健三、坂倉準三、谷口吉郎、アントニン・レイモンド、フランクロイドライト、堀口捨己等々。
解体されて無くなった建築もあります。
今のうちに見ておかねば。
大人の修学旅行3
そして日本建築。
勉強になります。
大人の修学旅行5
数年前に旅行した北欧。
アルヴァ・アアルト、フィン・ユール、アルネ・ヤコブセン等、念願かなっての北欧旅行でした。
大人の修学旅行4
写真を始めたのも建築を見て廻ることが好きで、記録として撮ってゆくうちにいつの間にやら。
30数年前にヨーロッパ建築を2か月ほどの期間見て廻りましたが、いずれリバールフィルムをデーターに変換して紹介をしたいです。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(日常・滴の宝石)

 2017-04-08
アトリエの日常は、友人の作品や、骨董品等、いろんなものに囲まれて生活しています。
日常
特別高価なものではなく、お気に入りを飾り楽しんでいます。
この普通の感じが好きです。
滴の宝石
もう一つ、お気に入りの滴の宝石。
霧雨の日にクモの巣に付く滴。宝石になったりレースになったり。
嫌われがちなクモの巣でもこんなにきれいなものになることも。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(月・雲・虹)

 2017-04-07
空にも美しいものがあります。
月1
月や星を見ているとロマンを感じます。
月2
月夜がきれいな日は3脚を立てて。
雲
雲も見ていて飽きが来ません。
虹
虹がかかると大急ぎで。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(コレクション)

 2017-04-06
写真も趣味ですがいろんなものの蒐集(コレクション)も趣味です。
カメラ
カメラは、自身で使用していたものや父から譲り受けたもの、友人から譲り受けたもの等、20機以上あります。
ミニチュアチェア
もう一つは、ミニチュアチェア。
見ていて楽しいです。
他にも、ミニチュアカー200台くらいと、入浴剤バブ120種類ほど。
そして蕎麦猪口等々。
ついいろいろなものを集めてしまう癖は止まりません。
もしかすると、ブログアーカイブの写真も蒐集の一つかも。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(野草・キノコ)

 2017-04-05
足元を見ると野草もいっぱい。
野草1
野草2
見過ごさられがちな野草も良く見るときれいなものです。
キノコ
名前は分からないものばかりですが、キノコもいっぱい。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(昆虫)

 2017-04-04
アトリエには昆虫が沢山います。
チョウが花から花へひらひらと。チョウキレイです。
チョウ
トンボもスイスイと。
トンボ
毎年目を楽しませてくれるのはハグロトンボの羽の舞。
黒衣装の貴婦人のような舞です。
ハグロトンボ
そしてカタツムリやカブトムシ。
その他昆虫
虫たちが生きづいています。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(鳥)

 2017-04-03
アトリエにはいろんな野鳥が訪れます。
仕事の合間、窓の外の野鳥を見つけると、思わずパチリと。
鳥2
鳥1
野鳥は癒されます。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ブログアーカイブ(葉)

 2017-04-02
アトリエでの四季は樹の葉を見ながらが一番実感します。
アトリエや、近くで採集した葉をポスターに。
若葉の表情です。
葉(春)2葉(春)1

秋の色づいた葉です。

葉(秋)1葉(秋)2
いろんな形と色をもって。
それぞれには進化の理由があってのことでしょう。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

人生フルーツ

 2017-03-23
昨日、プレミアムウェンズデーでY婦とシネモンドへ映画を。
DSC_1043 (450x800)
タイトルは「人生フルーツ」。
20170323062836_00001 - コピー (565x800)
シチュエーションは建築家で雑木林の中の木造平屋に住み、建築家アントニン・レイモンドを尊敬する、津端修一さん90歳と英子さん87歳の夫婦の実際の生活物語。
これは見ずにはいられない映画と。
20170323062836_00001 - コピー (2) (551x800)
長年連れ添った夫婦の、四季折々、キッチン、ガーデンのある生活。
4度出てくる、樹木希林のナレーションのフレーズ。

風が吹けば枯葉が落ちる。
枯葉が落ちれば土が肥える。
土が肥えれば果実がなる。
こつこつゆっくり。
人生フルーツ。

20170323062836_00001 - コピー (3) (800x789)
20170323062836_00001 - コピー (4) (800x406)
そして他にも出てくるフレーズ。

むかし、ある建築家が言いました。
「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。」(ル・コルビュジェ)
「全ての答えは、偉大なる自然にある。」(アントニオ・ガウディ)
「長く生きるほど、人生はより美しくなる。」(フランク・ロイド・ライト)

村野藤吾93歳まで、フランク・ロイド・ライト92歳まで。
こつこつ、ゆっくりと歩く準備をし始めねば。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(2)

岩谷雪子さんの「箒とオブジェ展」

 2017-03-20
今回多治見へ行った目的の一つは、岩谷雪子さんの「箒とオブジェ展」。
DSC_1040 (800x800)
ギャルリ百草にて。
DSC_1043.jpg
初めて岩谷雪子さんの作品を知ったのは、何年か前の金沢21世紀美術館での生活工芸展の時に置かれていた箒。
2017-03-18 010 (800x770)
いいものを作られているとの第一印象。
実は私の大学時代の友人夫人。
2017-03-20 003 (800x798)
早速、葦で出来た刷毛をゲット。
木場潟にも葦がたくさん生えていますが、岩谷雪子さんの手にかかればアートに。
DSC_1044.jpg
もう一つは、どうしても実物を見たかった植物オブジェ。
2017-03-20 005 (800x800)
イベント会場の近くで採集した植物を、オブジェにしたもの。
植物の持っている素材感を彼女の感性で作り上げた素晴らしいアートです。
2017-03-20 007 (800x800)
高価なものを求めるのではなく、身の回りにある植物を自分の感性で見つけて、何かにすること。
良いものを見てきました。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

すがの会書作展

 2017-01-07
母が習っている書の「すがの会」の書作展へ。
2017-01-07 033
こまつ芸術劇場うらら小ホールで毎年行われています。
DSC_0994 (181x640)
先生の素晴らしい作品をはじめ、他の生徒作品も発表され見ごたえのある作品展です。
DSC_0991 (640x408)
最近の母の作品は、書の出来栄えより、挿絵を交えた書にはまっているようです。
DSC_0978 (511x640)
卒寿の母の楽しみです。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

二木紫石の書画展

 2016-02-26
少し前のことですが、しろやま会館で二木紫石の日本書画展が。
IMG_1205.jpg
私の住む今江町生まれの明治23年~昭和54年の日本画家です。
IMG_1204.jpg
名前はよく耳にしていましたが、作品を拝見することは初めて。
IMG_1197.jpg
精緻であるけれども柔らかいタッチで、優しさを感じます。
IMG_1199.jpg
これは、屏風に貼られていたものを一枚一枚の作品に。
IMG_1201.jpg
屏風や襖絵。
今江町には素晴らしい文化人が沢山輩出したことを改めて知ることが出来ました。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

今江町町史

 2016-01-26
先日、私の住む町の今江町の町史が手元に。
2016-01-23 005 (800x533)
しろやま会館完成に合わせて編集された町史。
前町史以来の46年ぶりの町史。
2016-01-23 010 (800x646)
第一編から三編まで338ページにわたる貴重な今江町の歴史から現在までの貴重な資料。
2016-01-23 008 (800x533)
とじ込みには、かつてあった今江城の図。
2016-01-23 011 (800x641)
文明開化時期に、今江町の願勝寺で開かれていた「必下書院」の記述も。
2016-01-23 012 (800x791)
しろやま会館の工事の概要も。
2016-01-23 009 (533x800)
年表には平成26年に梯剛之さんとヴォルフガング・ダヴィッドさんが今江小学校で演奏会をした記録も。
住む今江町の奥深さを改めて知る町史です。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

「帰馬潟」

 2015-02-13
ある資料を見ていたら、江戸時代の絵図が。
20150213081619_00002 - コピー (800x191)
北国街道の絵図であるが、加賀三湖が描かれて。
20150213081619_00001 - コピー (2) (800x196)
その中で、木場潟の明記が「帰馬潟」と。
20150213081619_00001 - コピー
「帰馬放牛」 意味は、
「戦争が終わって平和になるたとえ。また、再び戦争をしないたとえ。戦争で使った馬や牛を野に帰し放つ意から。」
もしかしたら「帰馬潟」のほうが良い名前だったりして。
今江潟は今井潟。これも不思議?
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

母の書道展

 2014-06-16
今度米寿になる母が書道展を。
2014-06-11 004 (533x800)
70歳から習い始めた書道。
2014-06-11 012 (800x533)
2年ほど前に、挿絵も文字も自筆で。
2014-06-11 007 (800x533)
装丁も自分で。
母書道展 (800x593)
宮本三郎美術館併設の、キャトルセゾンで。
6月25日まで。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(1)

加賀三湖の干拓

 2014-02-19
昔の加賀三湖の航空写真を入手。
加賀三湖 - コピー (800x572)
加賀三湖とは、今江潟、柴山潟、木場潟の3つの潟。
20111020174615_000022011-10-20_17-55-092011-11-06_11-07-29.jpg
残念ながら、今江潟が全部。柴山潟が2/3干拓され、木場潟だけが。
昔の今江潟の写真も見てみると。
20081220060559_00002_20140218174359b42.jpg
20111020174615_000242011-10-20_17-55-342011-11-06_11-07-30.jpg
20111020174615_000182011-10-20_17-55-282011-11-06_11-07-30.jpg
20111020174615_000162011-10-20_17-55-262011-11-06_11-07-30.jpg
20111020174615_000252011-10-20_17-55-352011-11-06_11-07-30.jpg
20111020174615_000262011-10-20_17-55-362011-11-06_11-07-30.jpg
今江潟があったら(合成写真)
もしも、干拓されず今江潟があったら、すごいパノラマ。(合成写真)
時間を戻すことが出来れば・・・。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

20万回のカウント。

 2013-11-15
大した話題ではありませんが。
2013-11-15 002 (800x592)
「木場潟湖畔のアトリエから」のカウントが20万回。
2013-11-15 001
何とか続いています。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

秋分の日

 2013-09-23
秋分の日とは、昼間と夜の時間の長さが同じ日のこと。
春分の日も同じ。
2013-09-23 016 (1024x1023)
そして、夏至は、北半球では昼間の時間が一番長い日で、夜が一番短い日。
2013-09-23 017 (1023x1024)
つまり、秋分の日は北半球ではこれまで昼間が夜より時間が長かったものが同じになった日。
反対に、南半球では、夜が昼間より時間が長かったものが同じになった日。
2013-09-23 018 (1021x1024)
つまり、北半球と南半球では昼と夜の時間の長さがいつも逆転。
2013-09-23 019 (1024x1023)
ということは、その境目がどこかにあるはずで、考えてみれば赤道。
赤道は、昼と夜の長さがいつも同じ。
一つ勉強になりました。

さらには、赤道では、太陽は地平線から直角に昇ってゆきます。
ためになるブログです。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(1)

松居直と作家たち

 2012-05-30
Y婦と有志が立ち上げた「松居直コレクションプロジェクト」主催の「松居直と作家たち」のイベントが開催されます。
DSC_00062012-05-30_08-13-502012-05-30_08-13-50.jpg
松居直さんは、絵本で知られている「福音館書店」を立ち上げられ、いわさきちひろや堀内誠一等多くの当時無名だった作家を発掘し、月刊誌「こどものとも」を発行されてこられた方です。
DSC_00052012-05-30_08-12-242012-05-30_08-12-23.jpg
その松居直さんの蔵書や原画6000点余が小松にある「空とこども絵本館」に寄贈され、一部がこのほど展示されます。
DSC_00572012-05-02_17-20-480002.jpg
「こどものとも」創刊号を始め、絵本の原画などの絵画の貴重な資料を見ることができます。
お隣では、Petit Marche~フランス市場~も開催されます。

詳しくは
十九番館だより
Petit Marche~フランス市場~
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

子供歌舞伎「勧進帳」

 2012-05-07
昨日は、毎年足を運んでいる子供歌舞伎「勧進帳」へ。
DSC_00692012-05-06_16-22-262012-05-06_16-22-26.jpg
例年はお旅祭り開催でしたが、今年はGWに。
DSC_00022012-05-06_15-16-522012-05-06_15-16-52.jpg
義経、さっそうと登場。凛々しいです。
DSC_00092012-05-06_15-29-282012-05-06_15-29-28.jpg
勧進帳読み上げ。
DSC_00222012-05-06_15-48-262012-05-06_15-48-26.jpg DSC_00172012-05-06_15-45-262012-05-06_15-45-25.jpg
力で通ろうとする四天王を制する弁慶。構える富樫。
迫真の演技です。
DSC_00282012-05-06_16-07-242012-05-06_16-07-22.jpg
小松の地酒も飲み干し。
DSC_00442012-05-06_16-18-122012-05-06_16-18-11.jpg
きりりと決めて。
DSC_00682012-05-06_16-20-002012-05-06_16-19-59.jpg
飛び六法。
毎年感動しています。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)

ビストロ レ・アール

 2012-02-20
いつも味を楽しませてくれている、「デリカテッセン レ・アール」が「ビストロ レ・アール」に。
DSC_00332012-02-20_16-58-302012-02-20_16-58-29.jpg
フランス惣菜のテイクアウト中心から、お店での食事を中心への、リニューアル。
DSC_00282012-02-20_16-55-322012-02-20_16-55-32.jpg
パリの街角にあるような、大人の雰囲気のお店。
DSC_00432012-02-20_17-05-082012-02-20_17-05-07.jpg
2月22日OPENです。
そして、2月25日には、リニューアル記念「噂のシンガーズライブ」も開かれます。
詳しくは、
http://blog.goo.ne.jp/leshalles/まで。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。