スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

鳥の群れ

 2016-11-08
今朝の散歩中、思わぬ光景。
DSC_0049_201611080834361ff.jpg
ヒッチコックの「鳥」のようです。
スポンサーサイト
カテゴリ :野鳥 トラックバック(-) コメント(0)

美しい瞬間

 2016-11-08
この頃は日の出も遅くなり、上る位置も白山よりに。
DSC_0040_20161108083104182.jpg
美しい瞬間です。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

巣箱のアマガエル。

 2016-11-04
アトリエの巣箱。
2016-11-02 013 (533x800)
鳥はなかなか入ってくれませんが、たまに珍客が。
2016-11-02 009 (800x800)
このアマガエル君、巣箱の中で冬眠かな?
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

夕焼け散歩

 2016-11-03
昨日は、夕方にも木場潟散歩。
DSC_0013 (800x450)
いつもは朝散歩がほとんどですが、たまにはと1日2回目の散歩。
DSC_0022 (800x450)
夕方の風景もとてもきれいです。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

初冠雪

 2016-11-02
もう11月となりました。
DSC_0012 (800x450)
湖畔の風景はススキがかがやきもうそろそろ、冬の気配。
DSC_0014 (800x450)
ポプラの木はすっかりと葉を落とし。
2016-11-02 003 (800x579)
白山の頂は、うっすらと冠雪。
時間の経つのが早く感じます。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

秋晴れ

 2016-10-24
今朝の夜明け前。
DSC_0012 (800x444)
くっきりと白山連峰のシルエット。
DSC_0019 (450x800)
今朝のウォーキングの際の木場潟湖畔。
気持ちの良い秋晴れです。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

ホコリタケ

 2016-10-23
今朝の木場潟ウォーキングの際に見つけたキノコ。
DSC_0059 (800x451)
お餅のような白いかたちをしています。
DSC_0060 (800x451)
とってみるとお菓子のマシュマロのようにフカフカしています。
DSC_0067 (800x450)
同じ別のキノコですが笠の表面はサメ肌のようです。
DSC_0066 (800x450)
割って見ると緑色の麩です。
美味しくないが食べられるそうです。
カテゴリ :野草 トラックバック(-) コメント(0)

仙叟屋敷ならびに玄庵

 2016-10-17
小松市芦城公園内の「仙叟屋敷」にて茶会があり、今回は「仙叟屋敷」をブラトモジ。
2016-10-15 006 (640x427)
小松は、加賀前田藩三代藩主前田利常の隠居地。
2016-10-15 029 (640x427)
その時期に裏千家四代仙叟宗室が前田利常に仕えて、小松城三の丸(現芦城公園)に屋敷(2帖茶室)を与えられたとされている。
2016-10-15 018 (640x427)
宗室という名前は、前田家に仕える前までは「玄室」で、小松城での出仕を機に「宗室」と改めただろうと言われている。
2016-10-15 057 (640x401)
裏千家の家元を「千宗室」として、襲名の前と譲った後の名前を「玄室」と代々されていますが、この小松での時期からとも。
2016-10-15 093 (640x427)
平成9年、裏千家十五代千玄室氏が「仙叟宗室居士三百年遠忌」を記念してこの「仙叟屋敷」と茶室「玄庵」を建て小松市に寄付。
2016-10-15 020 (640x427)
「仙叟屋敷」と茶室「玄庵」。由来する名前からも裏千家の聖地のようなものです。
2016-10-15 050 (640x427)
京都北山杉を用いた数寄屋造りで「仙叟好」の趣で設計された「仙叟屋敷」。
2016-10-15 047 (640x394)
そして、仙叟が初めて茶道として一歩を踏み出したとされる地での「玄庵」。
2016-10-15 040 (640x640)
小松の前田利常と仙叟との深いつながりのある歴史。
2016-10-15 049 (442x640)
感慨深い中での茶会でした。
カテゴリ :ブラトモジ トラックバック(-) コメント(0)

ホトトギス

 2016-10-16
アトリエのホトトギスが見頃。
2016-10-16 004
つぼみが次々に開花。
2016-10-16 002
少し可憐で、毒がありそうで。
2016-10-16 007
少し魅力的です。
カテゴリ :野草 トラックバック(-) コメント(0)

実りの秋。

 2016-10-06
実りの秋です。
DSC_0012_2016100508553710f.jpg
クルミの実も今年は美味しく。
DSC_0014_20161005085539901.jpg
クルミ割り機でパカンと二つに割り。
DSC_0018_201610050855405e0.jpg
実をほじって。
秋の夜長、スコッチをチビリチビリとやりながら。
DSC_0012_20161005154215f37.jpg
そして栗。
食べ出したら止まらない。
肥ゆる秋です。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

辺本良治さんの個展。

 2016-10-05
友人のステンドグラス作家、辺本良治さんの個展が明日から。


20161005155841_00001.jpg
ギャラリー「ふくさと」さんで。

20161005155841_00002.jpg

辺本さんの作品は、ステンドグラス作品を超えた、ガラスのオブジェ。
久しぶりの個展です。
これまでに友人の山下一三さん、苧野憲夫さん、寺田一行さんが「ふくさと」さんで個展を開いています。
いいギャラリーです。
是非ともお立ち寄りを。
カテゴリ :ブラトモジ トラックバック(-) コメント(0)

キノコ

 2016-10-05
今回もキノコの話。
DSC_0016_20161005083321482.jpg
アトリエの庭に真っ黒なキノコが。
DSC_0024_20161005083325794.jpg
初めてみるキノコです。
DSC_0026_20161005083326cb0.jpg
しなびて黒くなったわけではないのに。
なんというキノコかな?
DSC_0018_20161005083416dc7.jpg
もう一つ、キノコの赤ちゃん。
DSC_0016_20161005083417a06.jpg
笠が開くと上面にはギザギザ。
DSC_0017_20161005083452699.jpg
これもなんというキノコかな?
どなたか教えて。
DSC_0015_20161005083323f8b.jpg
こちらは、シバタケ。
柴田家ではありません。
DSC_0014_201610050833237a8.jpg
鍋や吸い物に入れた食べました。
秋の味です。
カテゴリ :野草 トラックバック(-) コメント(2)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。