スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

スズメの朝食タイム

 2017-07-15
日課となった朝のスズメの朝食タイム。
-20170715_073926- (800x533)
日ごとに数が増えています。
スポンサーサイト
カテゴリ :野鳥 トラックバック(-) コメント(0)

のこぎり屋根(その1)

 2017-06-22
小松市内には屋根の形がのこぎりの歯のような形をした建物がいくつか残っています。
DSC_1382 (800x450)
多くは繊維の機織り工場です。
松梨-4-1
工場として使うには面積が広くなくてはならなく、一つの屋根だと、とてつもなく大きくなりお寺のような屋根になります。
園-2-1
そこで考えられたのは屋根を細分化して高さを抑えています。
松梨-1-2
もう一つ肝要なのは、屋根の壁面にガラスやビニール波板を設け、建物内部に光を均等に取り入れています。
松梨-3-1 (800x450)
ほとんどは北面から光が入るようになっています。
DSC_1509 (800x450)
これは、直射日光が入ると時間によって明るさが強くなったり弱くなったりで作業場不都合が生じるために、ぼんやりと入る北面からの採光にしています。
DSC_1518 (800x450)
絵画のアトリエにも同様なことがされています。
DSC_1514 (800x450)
撮影に回っていると、何も使われなくなった建物や、中から織機の音がするもの等様々です。
DSC_1371 (800x450)
減ってきたのか、小松市内には10棟を超えるのこぎり屋根があります。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

のこぎり屋根(その2)

 2017-06-22
のこぎり屋根の建物を探すには、グーグルアースが便利です。
屋根の線が、平行に並びすぐにわかります。
Screenshot_2017-06-22-12-39-49 (800x500)
小松市内で一番大きい、のこぎり屋根の工場です。
Screenshot_2017-06-22-12-24-49 (800x500)
実は、つい先日解体されました。
Screenshot_2017-06-22-12-23-48 (800x500)
グーグルストリートでかろうじて見ることが出来ます。
Screenshot_2017-06-22-12-15-35 (800x500)
これも、今は解体されてしまっています。
Screenshot_2017-06-22-12-30-39 (800x500)
一つの産業建物遺産がなくなっていきます。
時代とともに消えて行くのこぎり屋根。
保存できればと思います。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

のこぎり屋根(その3)

 2017-06-22
のこぎり屋根の内部は、このようになっています。
2014-03-11 007 (800x533)
トラス構造で細い部材でつくられています。松梨-4-4 - コピー (800x635)
内部の柱も少なくいい空間で、上部からの光で内部は隅々まで明るいです。。
2013-12-03 113 (2)
北欧旅行した際のA・アアルトのアトリエです。
サイドトップライトが室内を明るくしています。
2016-01-13 015 (800x533)
数年前に設計をした、今江町のしろやま会館です。
同様な考えです。
失われてゆくのこぎり屋根ですが、現代風に新しいかたちで設計をして行きたいです。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

カミキリムシ

 2017-06-18
これからの季節、アトリエでいろんな昆虫を見かけます。
-20170618_100418- (800x533)
カミキリムシです。
-20170618_100509- (800x534)
害虫ですが、触角が長く、まだら模様がきれいな昆虫で、思わずカメラに収めたくなる昆虫です。
カテゴリ :昆虫 トラックバック(-) コメント(0)

セキレイ

 2017-06-18
最近のアトリエに飛んでくる鳥は、スズメやハト、ムクドリくらいです。
-20170617_180351-.jpg
昨日、久々に野鳥が。
セキレイです。
アトリエの野鳥図鑑に1種類加わりました。
カテゴリ :野鳥 トラックバック(-) コメント(0)

スズメの朝食

 2017-05-29
餌付けを始めてからは、毎朝スズメが楽しみに待っています。
-20170529_070013-.jpg
お皿にご馳走を入れて置くと、あっという間に集まってきます。
-20170529_070419-.jpg
楽しそうです。
-20170529_071105-.jpg
身体の弱いスズメに口移しで。
ほほえましいです。
-20170529_070706-.jpg
ハトも私もと。
カテゴリ :野鳥 トラックバック(-) コメント(0)

「土地探しから家づくり」セミナー

 2017-05-25
今週末、前回の「二世帯住宅のコツ」に引き続き、セミナーが。
表紙
最近、土地探しからの施主が多くなっています。
実例
実例を交えながら土地探しのポイントを。
組み写真
思いがけない土地に出会うことも。
組み文字
気になる敷地があったら、さっとプラン図を描いてみる。
会員限定のセミナーです。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

近作住宅模型

 2017-05-24
6月のASJ建築家展のイベントに向けて近作住宅模型を。
-20170523_084955-.jpg
最近は、3Dパースによるプレゼンテーションが多く、模型製作が少なくなってきました。
-20170523_085138-.jpg
私の流儀はできるだけ仕上げ感が分かるようにと着色模型で、樹木や車の添景をつけます。
-20170523_085917-.jpg
車はトミカの1/60スケールを揃え、模型はそれに合わせて1/60。
やはり模型があると建物の説明がしやすくなります。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

麦秋

 2017-05-23
アトリエの前の麦畑も良い具合に。
-20170522_180713-_01.jpg
グラスファイバーの穂が色ついてきました。
-20170523_054915-.jpg
アトリエに30年以上住んでいますが、初めての麦畑。
-20170523_055303-.jpg
こんなにもきれいな景色なら毎年耕作してほしいものです。
-20170523_055235-.jpg
もうそろそろ刈り取りかな。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

ジャコウアゲハ

 2017-05-21
アトリエに見慣れぬチョウが。
-20170521_115125-.jpg
調べるとジャコウアゲハです。
-20170521_115222-.jpg
あたしい種類のチョウを見ると嬉しいものです。
-20170521_115838-.jpg
これからは、昆虫の季節です。
カテゴリ :昆虫 トラックバック(-) コメント(0)

第3回熟年塾

 2017-05-21
高校の同級生同士で講師・聴講生となって講座を開く第3回熟年塾が開かれました。
DSC_1113.jpg
今回の講師は、筒井弘之君。
タイトルは「粘土は沈む、トンネルを掘る」
DSC_1119 (1280x719)
長年土木に携わり、同級生に土木の知識と面白さをと。
DSC_1123 (1280x719)
普段地面の下のことに興味のなかったことを、分かりやすい解説で。
DSC_1130.jpg
20名の参加者で、同窓会と勉強会が同時にでき、よい時間を過ごすことが出来ました。
カテゴリ :アラカルト トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。