ヴォルフガング・ダヴィッド&梯剛之 デュオ・リサイタルⅢ

 2016-08-17
毎年、木場潟湖畔のアトリエから主催で開かれているヴォルフガング・ダヴィッド&梯剛之さんのデュオリサイタルが今年も。
チラシ表
12月9日(金)こまつ芸術劇場うらら小ホールで。
チラシ裏
毎年夫婦で準備して、多くの方々に協力をしていただいていたのですが、今年は、最初から協力していただく方が申し出てくださり、グループ「オトガク」として主催。
オトガク(黄文字)(木場潟湖畔のアトリエ)
輪が広がり、今年も是非とも盛会になりますように。
ちなみに、毎年早々にチケット完売となりご迷惑をおかけしていますが、ご希望の方はお早めにご予約を。

20160817082658_00001 (453x640)
今年はヴォルフガング・ダヴィッドさんが夏にも来日され、8月18日(木)にデュオ・リサイタルが。
20160817082658_00002 (453x640)
そして室内楽の演奏会にも。
お二人の演奏が沢山開かれることは嬉しいことです。
カテゴリ :梯剛之 トラックバック(-) コメント(0)

大人の修学旅行 2016夏八ッ場ダム

 2016-08-16
夏休み、Y婦の故郷、群馬県の長野原町へ。
DSC_0009_2016081615283784c.jpg
何度か紹介をしている八ッ場ダム。
DSC_0024_2016081615205264f.jpg
毎年、お盆と正月に見学に。
DSC_0027_201608161522290e9.jpg
少しずつ工事の様子が見えてきました。
八ッ場ダム1
グレーに塗りつぶされたところがコンクリート壁になり、ダムに。
DSC_0028_20160816152925c6a.jpg
壮大な計画です。
DSC_0012_20160816152050ef9.jpg
茶色の工作物はダムをつくるためのコンクリートプラント工場。
現地でコンクリートを調合します。
DSC_0031.jpg
鉄橋に見える茶色の管は近くの山を採掘してコンクリートに混ぜる砕石を運ぶコンベア。
この鉄橋は川原湯温泉付近のJRの鉄橋、下は川原湯温泉駅跡。
温泉街そのものがダム湖底に。
DSC_0016.jpg
一方で、ダム下流にある「吾妻峡」の風景。
DSC_0017_20160816152125e32.jpg
紅葉がきれいな渓谷です。
DSC_0020_2016081615262005e.jpg
自然環境と人工物。
人間の都合で自然がどんどん失われて行くような気がします。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(1)

ミシン。

 2016-08-03
知人からミシンをいただきました。
2016-08-02 007 (800x500)
とてもきれいなミシンです。
2016-08-02 009 (520x800)
ミシンは英語で Sewing Machine/ソーイングマシン。
2016-08-02 019 (800x620)
外国人のマシンと発音がミシンに聞こえてミシンと呼ばれたとか。
2016-08-02 015 (607x800)
機械美です。
2016-08-02 021 (685x800)
大切にしなければなりません。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(2)

ミニチュアカー。

 2016-08-02
車のミニチュアの記事をもう一つ。
DSC_0006_2016080208411583f.jpg
ミニチュアカーを集めていて、200台くらいありますが、普段乗っている車に同じ車種のミニチュアカーをディスプレイ。
DSC_0008_2016080208411183b.jpg
Y婦の愛車、フィアット500。
DSC_0005.jpg
車は水色ですが、ミニチュアカーは白色。
ちょこんと乗って似合っています。
DSC_0007.jpg
私の愛車ボルボ240。
車は赤色ですが、ミニチュアカーはシルバー。
このミニチュアカー、なかなか見つからなかったものですが、何とかゲット。
ミニチュアカーを眺めて楽しいドライブ。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)

フェーブ

 2016-08-01
フランスでは、新年を迎えると家族や友人が集まり、ガレット・デ・ロワと言う焼き菓子パイを食べる風習があり、その焼き菓子に「フェーブ」と言う陶製の人形を一つだけ入れ、切り分けた中にフェーブが入っていた人はその日の一日王様になれると言う趣向を楽しんでいるそうです。
2016-07-31 003 (800x533)
面白そうなので調べてみたら、人形だけでなく、いろんなものが。
2016-07-31 001 (800x533)
中でも気に入ったものがシトロエンDSの車。
2016-07-31 013 (800x596)
早速取り寄せて、朱塗りの御膳に。
2016-07-31 028 (800x799)
3センチほどのものですが、上手く作られています。
2016-07-31 026 (800x799)
新しいコレクションになりました。
2016-07-31 020 (800x600)
実は、これを知ったのは、本棚にあった2008年の「暮しの手帳」を見返していたら目に留まった記事。
2016-07-31 023 (800x582)
「フェーブなつじかん」と言うところが扱っています。
http://www.natsujikan.jp/
ハマりそうです。
カテゴリ :コレクション トラックバック(-) コメント(0)

日末蓮池公園のハス。

 2016-07-25
先日紹介をした木場潟のハス。
DSC_0039_20160725081436e7b.jpg
このハス、中尊寺の古代ハスが小松市の日末蓮池公園に株分けされ、さらに木場潟湖畔に。
DSC_0035 (800x450)
日末蓮池公園のハスは見頃に。
DSC_0034_20160725081434a34.jpg
とてもきれいです。
DSC_0001_2016072508143872f.jpg
木場潟湖畔のハスは見納め近くになり、散歩の人も記念に。
来年はもっと広がることを期待して。
カテゴリ :ブラトモジ トラックバック(-) コメント(2)

釣り人

 2016-07-18
木場潟の釣り人。
DSC_0019_2016071808595897b.jpg
歩いて行ったそうだとか。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

クレオメ2

 2016-07-18
先日紹介をした、クレオメの花。
DSC_0025_20160718090107631.jpg
花盛りに。
DSC_0028.jpg
DSC_0034_20160718085954d62.jpg
DSC_0036.jpg
白や赤やピンクの花。
DSC_0039.jpg
目を楽しませてくれます。

カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)

 2016-07-14
昨夕、木場潟湖畔に大きな虹が。
DSC_0050.jpg
写真に収まらないほどの大きな虹。
DSC_0049.jpg
しばし見とれました。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)

ハスの花托

 2016-07-05
先日紹介をした木場潟のハスが花弁を落とし花托が現れてきました。
DSC_0022.jpg
蜂の巣のような形をしています。
DSC_0017.jpg
先日の紹介でコメントしてくださった方から、このハスは中尊寺の古代ハスが小松市日末蓮池公園に譲り受け、さらに木場潟公園に来たものと分かりました。
DSC_0020.jpg
来年は、もっと多くのハスが木場潟湖畔に咲くのが楽しみです。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)

クレオメ

 2016-07-04
木場潟散歩の途中に、南園地の建物の裏側に見慣れない花が。
DSC_0010.jpg
近づいてみると初めてみる花。
DSC_0012_20160703095351023.jpg
調べてみると、クレオメと言う花。
和名は西洋風蝶草。
もうすこし皆が見える所に育てれば良かったのに。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)

ヒメギス

 2016-07-03
先日、アトリエの電話機に黒い虫が。
アトリエにはいないはずのゴキブリかと思いきや黒いキリギリス。
DSC_0001_201607030953494e4.jpg
調べてみると、ヒメギスという名の虫。
最近アトリエには先日のベニカミキリ等、見たことのない虫がいます。
カテゴリ :昆虫 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント