「開拓者の家」「ホテルD」

 2018-04-18
長野県菅平から群馬県草津温泉へ抜ける大笹街道に気になる建築があり、ちょっと寄り道を。
20180416_125339 (640x360)
土木資材などで使われるコルゲートパイプで造られた「開拓者の家」。
設計は石山修武。1986年。
施主が12年の歳月をかけ、セルフビルドの建築。
20180416_124753 (640x360)
昨年、日曜美術館を見ていたら、石山修武がこの建築を訪ねている放送があり、まだそのままの形で住まわれていることの驚きで何としてもと。
20180416_124710 (640x348)
当時、同じく石山修武のコルゲートパイプで造られた「幻庵」もそうですが、工業製品を組み合わせて建築してゆく実験的な住宅で、そこには不思議な美しさがあります。
20180416_124843 (640x350)
寒そうだし、暑そうだし、住みづらそうな気がしますが、おそらくそんなことを超越した快適さがある魅力ある建築です。
20180416_123941 (640x322)
「開拓者の家」から5分位したところに、伊東豊雄の「ホテルD」。1978年。
20180416_123902 (640x360)
伊東豊雄の初期の作品。
建築の断片化と建築論を語っていた当時を思い出します。
残念ながら、使われていないようです。
建築誌に取りあげられ、華々しく飾った建築と、密やかに慎ましく時代を過ごした建築。
2つの建築をみて、建築のあり方を感じさせてくれます。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

ヴォルフガング・ダヴィッド ヴァイオリンコンサート

 2018-04-07
明日行われる予定の「ヴォルフガング・ダヴィッド ヴァイオリンコンサート」
2018小松ヴァイオリンコンサート表
毎年の年末、梯剛之さんとこまつ芸術劇場うららでデュオ・リサイタルを行い、小松の音楽ファンにはなじみのあるヴァイオリニストです。
春に来日され、合間をぬっての演奏会です。
バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番、無伴奏ヴァイオリンパルティータ第1番です。
昨年も会場の「絵本館ホール夢の本棚で」演奏をし、直後に会場が気に入り是非とも次年はバッハの無伴奏を演奏したいと希望され、実現に至ったコンサートです。
残念ながら、チケットは発売同時にほとんどなくなり、ありません。
梯剛之さん、ヴォルフガング・ダヴィッドさんの演奏が小松に根付いていき、嬉しい限りです。
カテゴリ :梯剛之 トラックバック(-) コメント(0)

勧進帳の里 安宅ビューテラス

 2018-04-06
進めてきた安宅海岸にある「勧進帳の里 安宅ビューテラス」のリニューアルが完成しました。
20180413_092751 (800x427)
海が見渡せる、まさしくビューテラスです。
テラス外観 (640x424)
海側にはデッキテラスを設け、天気が良い日は潮風を受けながらののビュータイム。
内観10 (511x640)
中はまだ がらんとしていますが、レストランやお土産ショップが入ります。
勧進帳の里内観-2-3 (640x427)
今月の大型連休OPEN予定です。(レストランは6月頃)
DSC_0522 (800x450)
安宅の関「勧進帳」を観光方々いかがですか。
20180413_091919 (800x800)
海を眺め、歴史にひたる時間。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(0)

中池見湿地

 2018-04-05
先日、敦賀にある天筒山へ。
DSC_0509 (640x349)
敦賀湾を一望する見晴らしの良い所。
DSC_0507 (640x360)
反対側には中池見湿地。
北陸新幹線が通るところ、ラムサール条約地でルート変更になり、一時騒がれたところ。
DSC_0510 (640x387)
木場潟がラムサール条約地であればルート変更になったかも?
DSC_0497 (464x640)
敦賀で行われた建築イベントの2日目の早朝、合間をぬってのピクニックでした。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

なんとなくクリスタル

 2018-02-08
ようやく日が差し、つららに光が。
-20180208_120418- (640x427)
キラキラしてキレイです。
-20180208_120404- (427x640)
なんとなくクリスタル。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

沖縄 万座ビーチ

 2018-02-07
今回の沖縄旅行は、甥の結婚式に。
DSC_0438 (640x360)
万座ビーチホテルで。
DSC_0437 (640x360)
時間があったので、近くのビーチに。
DSC_0440 (640x360)
ビーチやプールは、季節外れで閑散と。
-20180203_105545- (427x640)
散歩していたら、パームツリーに実が。
-20180203_105647- (640x640)
たわわに生っています。
DSC_0455.jpg
赤いキレイな実です。
DSC_0456.jpg
食べられるのかな???
DSC_0430 (360x640)
しばしのリゾートタイムでした。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

沖縄 首里城

 2018-02-07
首里城へ。
観光名所となっていますが、特段説明することが見当たらないので、今回は写真だけ。
-20180202_151843- (640x427)
-20180202_153552- (640x335)
-20180202_153658- (640x451)
-20180202_152150- (640x427)
-20180202_151501- (640x427)
-20180202_151333- (640x492)
-20180202_152702- (640x427)
-20180202_150935- (427x640)
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

雪景色

 2018-02-07
木場潟へ撮影にと出たのですが、腰までの雪で断念。
-20180207_080733- (640x409)
手前で撮影。
-20180207_080941- (640x427)
雪はきれいなはずなのだが。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

沖縄「中村家住宅」

 2018-02-06
沖縄にある「中村家住宅」へ。
「中村家住宅」は沖縄の典型的な様式がつまった住宅です。
-20180202_164909- (640x424)
沖縄は周知の通り、台風の多いところで風が強く吹くところ。
そのために、敷地には石塀がめぐらされ、「フクギ」と言う樹木が植えられています。
-20180202_164918- (640x414)
門にあたる石塀の切り込まれた所を進むと、突き当りに、同じく石塀があります。
-20180202_162023- (640x427)
この突き当りの石塀は「ヒンプン」と呼ばれるもので、外部からの目隠しでもあるし、風よけの役割をしています。
上手い仕組みです。
-20180202_162627- (640x427)
「ヒンプン」を右に進み門をくぐると裏側は中庭に。
程よい広さの気持ちのいい中庭です。
縁側の見える赤瓦の建物は「アシャギ(離れ)」です。
-20180202_162202- (640x427)
「アシャギ(離れ)」の縁側から通ってきた「ヒンプン」を見返したところ。
「アシャギ(離れ)」越しに中庭、主屋が見えます。
「ヒンプン」によっての外と中との区別が良くわかります。
-20180202_161942- (640x427)
「ヒンプン」を反対の左に進むと裏側は井戸や家畜小屋などの生活作業空間に。
-20180202_163713- (640x419)
主屋は畳部屋か続く室です。
夏の暑い日には、おそらく心地よい風が流れ居心地よさそうです。
-20180202_163200- (640x415)
こちらは「かまど・台所」。
-20180202_164043- (640x424)
屋根は素焼きの赤瓦。
平瓦と丸瓦の組み合わせで、いかにも沖縄の屋根です。
-20180202_162402- (640x427)
シーサーもポイントに。
-20180202_162419- (640x427)
「ヒンプン」や主屋の続き畳部屋の感じ。
次の設計に機会があれば取入れたいものです。
カテゴリ :大人の修学旅行 トラックバック(-) コメント(0)

安宅海岸

 2018-01-30
ちょっと足を延ばし安宅海岸へ。
DSC_0480 (800x433)
鉛色の空に海は大荒れ。
DSC_0484 (800x446)
冬の日本海です。
DSC_0482 (800x450)
白い積雪との対比がいいです。
DSC_0441 (800x450)
小松は山があり、海があり、木場潟があり。
いいところです。
カテゴリ :ブラトモジ トラックバック(-) コメント(0)

つらら

 2018-01-30
今冬は冷え込みが厳しく、軒先にはつららがいっぱい。
-20180127_085420- (800x520)
つららが出来ることは、建物の屋根断熱が低いことです。
-20180127_085547- (533x800)
30年前に設計した建物で、断熱性能が低いようです。
-20180127_081036- (533x800)
つららを良く見ると、成長の印が良くわかります。
-20180127_085505- (533x800)
陽が差し、つかの間のつららです。
カテゴリ :アトリエの日常 トラックバック(-) コメント(0)

木場潟が凍る(続編)

 2018-01-17
先日ブログで記事にした「木場潟が凍る」に新聞社からの問い合わせがあり、今朝の朝刊に紹介されました。
北陸中日新聞石川版のページです。
0001_20180117082756490.jpg
多くの人に珍しい光景を知っていただくことは、嬉しいことです。
カテゴリ :木場潟の移ろい トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

家楽舎(かがくしゃ)

Author:家楽舎(かがくしゃ)
小松を中心に活動している建築家です。

FC2カウンター

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント